ブログ更新のペースがあがる!?記事のライティングはWordPressの管理画面が良い

こんにちは!コージ(@koojy3)です。

このブログはWordPressで運営していますが、記事の執筆はWordPressの管理画面で直接書くスタイルに変わりました。

アプリやWebサービスを使って記事執筆

WordPressでブログ書いているみなさんはどんなエディタを使っていますか?

僕はこれまでWordPressと連携が優秀なMarsEdit、マークダウンエディタのBywordやUlysses、アウトライナーのWorkflowyなど外部アプリやサービスを使ってブログを書いてきました。

どのアプリやサービスも当然メリット・デメリットがあります。

ブログは記事を公開してなんぼ。

WordPressで記事を公開するということに重きを置いた時、管理画面で記事を書いたほうがいいかも?という考えがでてきました。

WordPressで直接ブログを書くようになった理由

これまで外部アプリやサービスを使っていてWordPress上で直接ブログを書くということはしてきませんでした。

あ、正確には10年くらい前にWordPressで運営していたサイトでつかっていたくらいかな?(笑)

実際にWordPressで直接ブログを書いてみて3つのメリットがありました。

どこまで下書きで書くのか気にしなくてよい

外部アプリやサービスで記事を書いているとどこまで下書きするか考えちゃうんですよね。

記事が完成してから投稿すればよいのですが、僕の場合はなかなかそうはいかなかったです。

なぜなら、書いている途中にプレビューを見たくなるから。

MarsEditを使えば書きながらブログのデザインでプレビューみることができるけど、MarsEditは僕には合わなくて使わなくなっちゃったんだよね。

記事公開までのハードルが下がる

WordPressで直接書くようになって圧倒的に公開までのハードルがさがった!

「記事は書いているのに、なかなか公開できない」って人にはほんとおすすめしたい!

管理画面で下書きが貯まると不思議と書きかけの記事もとりあえず完成させて公開しちゃおうって思うんだよね。

大事なのは完璧主義にならないこと。

完璧主義は自分で公開までのハードルを上げているだけだから捨ててしまったほうがいい。

適当に書くという意味ではないです(笑)

クイックタグが扱いやすい

WordPressでブログを書いている人は使っているクイックタグ。

めちゃくちゃ便利ですよねー。

テーマによって色々用意されていたり、自分でオリジナルを作ることもできる。

直接WordPressで書くことになったことによって、書いている途中でもクイックタグを反映することができるようになったのが思いのほかいい!

記事の完成イメージがつきやすくなくなって、「ここのブロック見にくいから箇条書きにしたほうがよいかな」とか「文字だけが並んで読みにくいなあ
みたいなことが視覚的にわかりやすくなりました。

1番基本なのになんでこれまで外部アプリとサービスばかり使ってたんだろ・・。

初心に立ち戻るの大切すぎる!

WordPressでブログを書いているけど、いまいち更新のリズムがよくない・・という人。

一度管理画面から記事を書くようにすると、サクサク更新できるようになるかもしれませんよ!

これからもどんどんブログ書いていこー。