MacユーザーがWindowsを購入して感動したこと!

MacがあればWindowsは使う必要ないなあ・・

ずっとそう思っていたMacユーザーですが、興味が沸いてWindowsを購入したら「あれ、Windows」も結構いいじゃん!って事態に陥ってます。

こんにちは!コウジ(@koojy3)です。

自主的にWindowsを使ったのはもう10年近く前ですが、久しぶりにWindows使ったら楽しくなったので、気に入った点を紹介したいと思います。

コスパが良すぎて感動!

ずっとMacユーザーだったので実はWindowsを自分のお金で買ったのは初めての経験でした。

昔のWindowsを使っていたころはスペックは気にこともなければ、親に買ってもらったものだったので、金額自体もピンときていなかったんですよね。

仕事でWindowsを使わないといけない機会もありましたが、使いずらいなあ・・と思うだけでこのPCいくらなんだろう?なんて考えないし(笑)

Macユーザーは感覚がマヒしている

僕の中でPCのスペックに比例する金額はMac基準で生きてきたのでWindows買うときに「こんなにスペックあるのに、Macの最低ラインより安いじゃん・・」ってショックを受けました。

もちろんMacは割高でWindowsのほうが圧倒的に安いということは理解していましたが、実際にスペックと金額を検討したことなんてなかったですからね。

ゲームをするならWindows

今回Windowsを購入するにあたり目的の一つでもあったのがPCゲームです。

Macでももちろんできるゲームは存在していますが、基本的にはソフトがWindowsしか対応していないものが多いですからね。

仮にMacでもソフトが対応して遊べるようになったとしても、Macでスペックを高くすると簡単に手を出せる金額ではなくなってしまいます。

ゲームについてはMacがどんなに魅力的なPCでも、Windowsを超えるのは難しいんじゃないかと思っています。

Windowsでしか使えない魅力的なツールもある

PCを使う用途にも変わりますが、僕の使い方ではツールやアプリの使いやすさは完全にMacに軍配が上がります。

その一方でWindowsでしか使えない魅力的なツールがあるのも事実です。

僕の場合だとWindowsでしか使えないものとして、カスタマイズ性が高い音楽再生ソフトの「foobar2000」や壁紙を動かせる「Wallpaper Engine」はとても魅力的で使っていて楽しいんですよね。

特にfoobar2000は昔ずっと使っていて、今回Windowsを購入して久しぶりに使えたこと自体に感動しました(笑)

まとめ

Windowsを使うかMacを使うか、どちらがよいのかは人それぞれの使い方によって変わります。

僕の場合は仕事でやることがMacでないと辛いので、Macを使わないという選択肢はありませんが、今回Windowsを購入してとても満足しています。

スペックをMacよりもかなり高くできたことで、Macでしかできないことを除いてはWindows使う時間のほうが増えているくらいです(笑)

すっかりMacに染まりすぎてWindowsでここまで楽しく快適なPCライフが遅れるとは思っていませんでした。

Macユーザーのみなさん、WindowsではなくMacを購入しようとしているみなさん、自分にあったPCはどっちだろう?と考えてみてWindowsも使ってみませんか!?