Web系フリーランスになるには?現役フリーランサーが教える3つのポイント

投稿者:
コージ
この記事は約8分で読めます。
Web系のフリーランスってどうすればなれるの?

Web系フリーランスってどうすればなれるの?

興味はあるけど、どうすればフリーランスになれるかわからない人も多いのではないでしょうか。
会社に勤めることなく、在宅ワークができる新しい働き方のフリーランスになりたいと思っている人が増えていますよね。

現役フリーランスとして活動している僕がWeb系のフリーランスになるために必要なポイントを紹介したいと思います。

スキル習得

Web系のフリーランスとして働く上で必要になるのはスキルです。
デザインをしたり、プログラムを組んだりするためにデザインツールの使い方の習得や開発言語の習得が必須になります。

スキルが必要なのはわかるけど、どうしたら習得できるの?

知識のベースがないと「習得方法もよく分からないよ」って人もいると思います。
デジハリなどWeb系の専門学校に通って知識をつけるという手段もありますが、僕は独学をおすすめします。

エンジニアとして働くようになって8年になりますが、僕の場合は就職してから身につけたのではなく学生時代にブログやサイトを運営して身につけました。
これまで仕事を一緒にした人達も独学で身につけた人達ばかりで、学校に通っていた人は知り合いで1人しかいません。

ホームページ(ブログ)を作ってみる

WordPressトップ画面キャプチャ

1番手っ取り早くスキルを身につけるには手を動かすのが1番です。
ホームページを作ってみるか難しければ無料ブログでも開設してみて、HTMLやCSSに触れたり、デザインツールを使ったり何か作ってみましょう。

「何もわからない状態でどうやって手を動かすの?」と思うかもしれませんが、Web上にHTML・CSS入門のようなページがたくさん用意されているので利用しましょう。
まず書いてある通りのことをやってみるのが、スキルを身につけるためのとっかかりとしてはおすすめですよ。

手を動かしてみてわからなくてもいいんです。
雰囲気だけ掴んでみて本屋に行ってわかりやすそうな本を一冊買ってみるのが良いと思います。

本に書いてある内容はすべてWeb上で見つけられるかもしれませんが、本の方が情報がまとまっているため理解するにはおすすめです。

Web系スクールサイトを使ってみる

CodeCampのトップ画面キャプチャ

独学しているとどうしてもわからないことが出てきます。

教えてくれるような人がいれば、聞いてみるのが1番です。
ただこれからスキルを身につけたいと考えている人にとっては、身近に教えてくれる人がいることのほうが少ないのではないでしょうか。

そこでWeb系のスクールを使ってみるのもおすすめです。
最初は無料の体験コースが用意されているので、受講してみましょう。
受講してみて合わなければやめてしまえばよいだけです。

大手のサービスだとCodeCampが良いと思います。
HTML・CSS・JavaScriptなどプラグラミングの知識はWebマスターコース、Photoshopやillustratorなどのデザインツール取得はデザインマスターコースという風に身につけたいスキルごとにコースが用意されています。

仕事の獲得

スキルと合わせて重要なことはお仕事をもらうことです。
フリーランスは仕事を獲得することもお仕事ですよ。

仕事を獲得する方法は3つに分類できます。

コネクション

手を繋いでいる写真

1番楽なのはコネクションから仕事をもらうことです。

知り合いや、ずっと取引している会社から直接仕事の話をもらうんですね。
営業をかける必要もなければ、お互いを知っているためスムーズに仕事を進めることができます。

コネクションを利用する上で問題なのが、コネクションの有無です。
そもそも知っている人に仕事をくれる人がいない場合は、この方法は使えません。

クラウドソーシング

クラウドワークスのトップ画面キャプチャ

クラウドワークスやランサーズというサービスを知っていますか?

仕事を発注したい人(会社)と仕事を受けたい人のマッチングサービスで、お金のやりとりまで管理してくれます。
毎日デザインやプログラミングの新しい仕事が募集されていて、応募して採用されれば仕事をもらうことができます。

仕事を探すほかにもクラウドソーシングで1度仕事をくれた人は、継続的に別の仕事をくれることもあるので、コネクションがない人にとっては繋がりを得る場としても使えますよ。

僕自身も頻繁に利用していてお気に入りのクラウドワークスでは、プロクラウドワーカーという肩書きをもらいました。
仕事を発注したい人がお願いしたい人に仕事依頼のリクエストを出すスカウト機能が用意されていますが、プロクラウドワーカーになってからはリクエストも2倍以上もらえるようになっています。

クラウドソーシングについての記事はこちら

仕事の案件サイト

ギークスのトップ画面キャプチャ

アルバイトや就職先を探すのに就職サイトがあるように、フリーランスにも仕事を探すためのサイトが用意されています。

サイトに登録することで担当の人があなたにあった仕事を紹介してくれるようになります。
コネクションがなかったり、クラウドソーシングよりも稼ぎたい場合は利用してみるのがいいですね。

たとえばギークスジョブのようなサイト。
利用する際の注意点としては、在宅ワークのみを希望する場合は案件数が少ないということです。

Q. 在宅作業が可能な案件はありますか?
A. 案件セキュリティの観点から、在宅作業が可能な案件は多くございません。ご了承ください。

よくある質問|フリーランスITエンジニアの案件・求人【geechs job(ギークスジョブ)】より

絶対在宅ワークしかやりたくない!という人でなければ、利用してみてはどうでしょうか。

お金の管理

freeeのトップ画面キャプチャ

スキルも身につき仕事も見つかって安泰かと思いきやそうではありませんよ!

フリーランスとして働くのであれば、年度末の確定申告を行う必要があります。
いくら収入があって、どれくらい経費を使って、というようなお金の管理も自分でやらなくてはいけないんですよね。

どうやって管理するのが良いかというとクラウド会計サービスを使うのがおすすめです。
銀行口座やクレジットカードを動機して、取り込まれた明細を振り分けるだけで確定申告ができる状態になります。

クラウド会計サービスでおすすめなのがfreeeです。
経理処理の他にも、仕事をする際に発行する見積書と請求書を作成することができます。
万能なfreeeですが、領収書の発行はできないので、必要な場合は見積書、請求書、領収書が発行できるMisocaもあせて使うといいですよ。

僕自身はフリーランスになってすぐにfreeeを使っていますが、freeeがなかったら確定申告できませんでした(笑)
無料で使い始めることができるので「確定申告のために、お金の管理ってどうすればよいの?」って人はとりあえずfreeeを登録しましょう。

まとめ

フリーランスになるためにおさえるポイントは3つ。

  • スキル習得
  • 仕事の獲得
  • お金の管理

どうでしょう?
この3つのポイントをおさえると、フリーランスとして仕事をすることが現実的になっていませんか?

フリーランスになるときは何もかも初めてのことも多いですが、使えるサービスはうまく使って最大限自分のアウトプットができる環境を作りましょう!

■スキル習得

  • Webの情報や本を頼りにホームページ(ブログ)を作ってみる
  • Webのスクールサイトを使う

■仕事の獲得

  • コネクションで仕事をもらう
  • クラウドソーシングを使う
  • 仕事の案件サイトを使う

■お金の管理

  • クラウド会計サービスを使う
スポンサーリンク
この記事を書いた人
コージ

兵庫県出身で神奈川県在住。ディズニーと文房具が大好き!2016年4月からフリーランスでお仕事しています。