コウジジャーナル
ホーム > フリーランス > ベンチャーからフリーランスになる人は気をつけて!離職後の手続きよりも先にすること
  • 2016年5月8日

ベンチャーからフリーランスになる人は気をつけて!離職後の手続きよりも先にすること

フリーランスになると、国民健康保険や国民年金に加入する必要があります。
企業本などを読んでも、これらの手続きは14日以内に、行いましょうとよく目にしますよね。

誰でも手続きする前に、何より注意することがあります。

会社に退職後の手続きを迅速に行ってもらうよう念押し

大企業ではまずやる必要はないですが、ベンチャーだと結構重要。

退職後、会社が手続きをしてくれないと、保険の資格喪失日が登録されず、必要な書類を入手できない可能性があります。

ベンチャーだとこういった手続きを専門にする人が、いないことはざらにありますよね。
つまり他の業務に忙しく、後回しにされてしまう状態が起こりえるのです。

手続きできなくて困るのは本人

会社に勤めていたころは、会社都合で遅れてしまったことは、会社の責任として処理されます。
ですが離職後は話が違ってくるんですよね。

たとえ会社都合で遅れてしまったとしても、手続きが遅れてしまったら、手続きする本人の責任です。

まとめ

退職後にやる手続きって初めてだと、右も左もわからないですよね。
大抵のことは調べれば解決できます。

ですが会社にやってもらわないと、何もできない状態になってしまっては、いくら調べても手の打ちようがないんですよね。

そうならないために、遅くても1週間以内には会社に、手続きしてもらうことを念押ししましょう。

スポンサーリンク
名前:コウジ

フリーランスのエンジニア、ブロガーのコウジが日常生活で気づいたこと、購入したモノのレビュー、仕事・働き方のこと、生活を楽しくするTips、僕が好きなディズニー・ガジェット・WEBについて書いています。