ChromeもFirefoxも一緒に使う!「あのタブどこいった?」とおさらばしよう

Firefox、Google Chromeなどひとつのブラウザを立ち上げていろんなサイトを見ている人が大半だと思います。

ネットしているとついタブ開きすぎて「あのタブどこいったっけ?」
こんな経験をしている人って多いと思います。
僕自身が昔はそうでしたから(笑)

そこで僕は3つのブラウザを使うようにしています。

  • Firefox
  • Google Chrome Canary
  • Firefox Developer Edition

ブラウザを使い分けるメリット

ブラウザを使い分ける最大のメリットは、用途が分かれているからわかりやすいことです!

エンジニアという職業柄Google Chromeで開発するけど、普段使いはFirefoxがいいなと使いわけ始めたのがきっかけです。

ここでは紹介しませんが、Firefoxを使いたい理由としてVimperatorというキーボードだけでブラウザの操作ができるという変態アドオンがあるんですよ。
興味ある人は調べてみてください笑

Vimperator :: Add-ons for Firefox

僕の使い分け例

Firefox:調べごと、買い物などの一般用途

僕はこのブラウザで調べもの、Amazonで買い物、Youtubeを見るといった誰もがブラウザでしているであろうことをしています。
ついタブが増えがちになるので僕はFirefoxのアドオン、ツリー型タブを使って、タブの視認性をあげています。

ツリー型タブ (Tree Style Tab) :: Add-ons for Firefox

このアドオンは通常上に並ぶタブを画面の横に配置することができます。
ブラウザの幅は狭くなってしまいますが、使っているPCによりますが20件くらいまでは縦にタブが並ぶので、とてもわかりやすいです!

Firefox Developer Edition:Workflowy専用

僕はWorkflowyというアウトライナーのクラウドサービスを使っています。

WorkFlowy – Organize your brain.

アプリとしてあればベストなのですが、現状はないので常にWorkflowyを使えるようにFirefoxを専用のブラウザにしています。
FirefoxをWorkflowyの専用ブラウザにするのはいくつかのブログで、提案されているので参考にさせてもらいました。

こちらのブログがとても参考になります!

「WorkFlowy専用Firefox」によって、パソコンからのWorkFlowyを、さらに強力なツールに育て上げる(Windows&Mac)

Google Chrome Canary:開発・ブログ関連

Chromeには通常のものの他にCanaryという開発安定板の位置づけのChromeがあります。
開発するための機能が充実しているという理由で、WEB開発するときはこのCanaryを使い始めました。

Chrome ブラウザ

ブログのテンプレートカスタマイズをやったり、記事の投稿までブログに関係している操作にCanaryを使っています。

まとめ

ブラウザでやることだからと、ひとつのブラウザにこだわる必要はないんですよね。
複数使うのはいろんなアプリを立ち上げている感覚と同じです。

やることやブラウザに求める操作感が違うのであれば、使い分けてみると快適にブラウザを使いこなせるようになりますよ!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
コウジ

フリーランスでエンジニアとかブロガーしてます。横浜と舞浜で過ごしたい人。ビール/ディズニー/スプラトゥーン/Mac/スタバ/将棋。

記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぜひフォローよろしくお願いします!

ChromeもFirefoxも一緒に使う!「あのタブどこいった?」とおさらばしようをシェアしよう!