テレビCMの費用対効果ってどれくらいあるんだろう?

投稿者:
コージ
この記事は約3分で読めます。

朝起きてから寝るまでに、誰でも毎日一度は目にすることがあるんじゃないかと思うのが広告。
テレビのCM、電車の中の吊り広告、WEBサイトの広告、ほんとうに世の中は広告だらけ。

世の中に溢れている広告って、出している側は出稿するためにそれなりにお金を払って広告を出しているけれど、広告って費用対効果あるのかな?

広告に影響されて商品を買ったことがない

これは僕自身の経験に基づいたことだけど、たとえばテレビ見てて流れてくるCMを見てこれを買おう!って思ったことがないんだよね。

もちろん店頭とかでたまたま見た商品が、これCMでやってたなあって思って買うこともない。
きっと僕みたいな人って多いと思う。

当たり前だけど、そんな人がいてもCMが流れているのは費用対効果があるから、流しているってことだよね。

CM1本を流すのにいくらお金がいるのか

CM1本流すのって安くないイメージがある。

▼こちらのサイトを参考にさせてもらい調べてみた。

広告代理店|メディア価格がわかる『広告ダイレクト』| » テレビCM

CMは15秒につき1本が単位みたい。

15秒のCMを流すのに、地方のローカルテレビ局であれば、1万円台半ばから流せるものがあるようだね。
じゃあ、フジテレビや日本テレビなどの大手テレビ局で流すといくらになるのか?

15秒のCMを流すのに40万〜75万!!

これを安いと見るか、高いと見るか。

広告は出すだけがコストではない

CMに限らず広告を出稿するだけが、コストじゃない。
作るためのお金が当然必要。

芸能人を採用したら1本、何千万円なんて話も聞く。
そこまでコストをかけてでもCMを流すのは、掛けたコスト分よりも多くの利益が得られる、もしくは見込みがあるってことだよね。

さいごに

CMは当然テレビを見ることで目にすることができる広告媒体。
いくらお金を掛けて作って、流してもテレビを見てくれる人が少ないとそれだけ効果は低くなる。

今は若者のテレビ離れなんてことが言われている。
ネットが活性化するにつれて、確かにテレビを見る時間は昔に比べて減っているように思うんだよね。

多大なコストの代表格のCMが、テレビ離れが進む今の時代、これから先どういう費用対効果を生み出していくんだろうね。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
コージ

兵庫県出身で神奈川県在住。ディズニーと文房具が大好き!2016年4月からフリーランスでお仕事しています。