コウジジャーナル
ホーム > タスク管理 > タスク管理をTodoistからOmnifocus2に乗り換えた理由
  • 2016年8月21日

タスク管理をTodoistからOmnifocus2に乗り換えた理由

僕はこれまでタスク管理にはTodoistを使っていました。

Todoistの有料プランが切れたタイミングでOmnifocus2に移行してみた!

OmniFocus – task management for Mac, iPad, and iPhone – The Omni Group

Todoistはお気に入りだけど・・

UIがシンプルでMac・iPhone問わず、快適に使うことができるので、とてもお気に入りのサービスです。

1年間有料プランも使ってみて、基本的には満足に使うこともできました。
有料プランが切れたタイミングで一度、ひとつだけ気になっていたことを見なおそうと思い更新を、保留に。

スケジュールもタスクとして管理したい

Todoistを使っている時はスケジュールはGoogleカレンダーに登録していました。

だけどスケジュールもタスク管理の中で扱いたいなあ…って。

サービスが一つで完結

スケジュールをタスクとして扱いたい理由は、使うサービスが一つですむというのが最大の理由。

タスク用もカレンダー用も日付という概念があるのに、見る場所が分かれていると特定の日について知りたくても、両方見る必要がる。

これが僕の中ではとても、もやっとしていた部分。

月単位でタスクを把握

スケジュールにしても、タスクにしても基本的には1ヶ月くらい先まで見通しながら、管理したい。

Todoistにも直近の7日間の見通しは良いものの、月単位でタスクを見ることには向いてないし。。

うーん、どうしようかなあと考えている時に

Omnifocusだと、1ヶ月のカレンダーでタスクが見れるじゃん!

ってことを思い出しました。

スケジュールとタスクが同居する心地よさ

実際にスケジュールもタスク管理の中で完結してみて、やっぱり感じること。

分かりやすい!

これまでタスクはTodoist、スケジュールはGoogleカレンダーと分かれていたのが、Omnifocusだけ見ればよくなったんだもん。

Omnifocusは有料だけど、スケジュールもタスクもひとつで完結したい人には、もってこいのサービス。

スポンサーリンク
名前:コウジ

フリーランスのエンジニア、ブロガーのコウジが日常生活で気づいたこと、購入したモノのレビュー、仕事・働き方のこと、生活を楽しくするTips、僕が好きなディズニー・ガジェット・WEBについて書いています。