ホーム > 仕事 > 転職 > スーツを着たくないのが転職のきっかけ?仕事の服装も自分で決めよう

スーツを着たくないのが転職のきっかけ?仕事の服装も自分で決めよう

コージ
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、コージ(@koojy03)です。

暑くなってなってくると街中を歩いて感じることがあります。
スーツ着るのつらくない?ってことです。

Tシャツ短パンでも暑いような日に背広は見ているだけで、大変すぎる・・と思ってしまいます。

僕は社会人1年目でスーツを着ていましたが、1年足らずでスーツ生活からおさらばして、私服の会社に転職しました。

スーツを着たくないは転職のきっかけになる

服装がスーツの会社は、スーツは着るだけでは給料がもらえるわけではなく、スーツを着て働くことによってお金がもらえるわけです。

働くことによって給料をもらえるのだから、個人的には「[font_color color=”red”]服装くらい自分で好きに決めてもよくない?[/font_color]」って思います。

もちろん職業柄どうしてもスーツでなければいけない仕事もあります。
スーツでなければいけないということを自分で承知して働いているのであれば、良いと思うんですがスーツを着ている人の大半は好き好んで着ているわけではないんじゃないでしょうか?

満足する職場で働くために自由な服装でいたい、というのも立派な転職のきっかけになります。

仕事は我慢するのが当たり前なんて思わない

給料をもらっているんだから仕事は我慢するもの、と思っていませんか?

我慢することと給料をもらうことは別の問題です。
仕事をするためにスーツを着るのが当たり前だから仕方ないと思ってはいけません。

働く中で感じる不自由なことは何だって、転職のきっかけになると考えてみましょう。
あなたが今の職場で、不自由だと感じていることがあるはずです。

[font_color color=”red”]会社として改善できるなら改善してみてもよいし、あなたの力ではどうにでもならなければ転職するのも1つの選択肢です。[/font_color]

我慢して今の会社に準じるのか、環境を変えることを選択するのか

あなたが望む環境で働けないのであれば、転職を考えてもいいんです。

スーツを着たくないという理由で転職するなんて馬鹿げている、なんて思わずどうしたら自分が望む環境で働けるか考えましょう。

会社の環境に我慢して甘んじる必要はありません。

スーツは着たくない、在宅で仕事をしたい、と自分の望む環境に貪欲になった結果、僕は独立して服装はTシャツにジャージ、在宅でも仕事をできる環境を手にいれました。

「こんな小さな理由で転職を考えてはダメかな?」と考えている暇があったら、あなたが快適に働ける会社を探した方がいい。

働く環境は仕事のアウトプットを手助けするものでなくてはならないんです。

スポンサーリンク
記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぜひフォローよろしくお願いします!
このブログを書いている人
コージ

フリーランスでエンジニアとかブロガーやっています。