コウジジャーナル
ホーム > プログラミング > プログラミングを覚えるには本を読むは後回し!最初にやるべきことは?
  • 2017年1月27日

プログラミングを覚えるには本を読むは後回し!最初にやるべきことは?

プログラミングが2020年以降、小中高で必修化されるなど、独学でもプログラミングを覚えたいという人は増えているのではないでしょうか?

本屋さんに行くとたくさんのプラグラミング入門があり、手にする人を多く目にします。
だけど入門書を買ったあと実際にどれくらいプラグラミングを習得できているんでしょうか。

僕は仕事でプログラミングをしていますが、本を読むよりも先にやったほうが良いと思うことがあります。

プログラミングが小中高で必修化!?稼ぐもプログラミングがオススメ

入門書を読んでもモチベーションが続かない

実体験でもあるのですが、知識がないプログラミングの入門書を読んでも、理解できずモチベーションが下がり途中でやめてしまうんですよね。

仮に読んでいるときになるほど、なるほどと分かっているところがあっても、それは役に立ちません!

なぜなら実際にプログラミングして何かする時には忘れているからです。
また必ずしも本で読んだ内容が、プログラミングしているときに使えるとは限りません。

本を読むなら先に手を動かす!

まったく知識がないのにどうやって手を動かすんだよ、と突っ込まれそうですが意外にプログラミングを覚えるための最短ルートだったりします。

今の時代、本じゃなくてもネットで入門記事だったり、WordPressを動かしてみよう、のような記事がたくさんあります。

まずは自分がやりたいことをネットで探して、入門記事通りに進めるのが一番です。

本だけでプログラミングはできない

プログラミングの目的は何かを作ることだと思います。
実際に自分の手を動かして、作ってこそ身につくんですよね。

また何か作りたいものがある時は本に載っている情報だけでできるなんてことはほとんどありません。
仮に本に書いてあることでも実際に動かすと、動かないなんてことはよくあります。

そんな時にどうするのかというと、やっぱりネットで調べることになります。

本は必要ないのか?

じゃあネットだけ見ていればよいのかというと、そういうわけではありません。
本は確実に読んだほうがいいです。

ではいつ読むのか?
実際に手を動かして、少しでもプログラミングの形が出来たときです

本はネットに比べて総合的に情報が載っていて、一覧性も高いです。
一度手を動かした後に読むと、知識がないときにいきなり読もうとした時に比べて、グンと理解度があがります。

ほんとに全然違うんです!

本を買う理由は?ネットで調べられるじゃん!

独学でつまずいてしまったら?

プログラミングをしていると思うように動かないということが必ず起こります。

自分で解決できる問題であれば、頑張ればよいのですがどうしようもないときというのは、起こってしまうんですよね。

そんな時はもう人に聞いてしまうのが一番ですね。
分かる人に聞いたら一瞬で問題が解決してしまうのもプログラミングです。

独学で誰にも聞く事ができない場合はプログラミングのQAサイトを使うのがよいかと思います。
teratailは日本語のサイトなので、入門者が使うにはおすすめです。

さいごに

プログラミングを覚えるにはまずは本を買うより、ネットを見て実際に動かしてみる。

その後に本を読んだり、わからないことができてしまったらQAサイトで質問する。
この手順がプログラミングを10年以上してきて、仕事でもエンジニアとしてプログラミングをしている僕のおすすめ手順です!

プログラミングをして思うように動かせたときの喜びは、手を動かした人にしかわかりませんよ!

[official_box]バグで困ったときは【teratail】に相談![/official_box]

スポンサーリンク
名前:コウジ

フリーランスのエンジニア、ブロガーのコウジが日常生活で気づいたこと、購入したモノのレビュー、仕事・働き方のこと、生活を楽しくするTips、僕が好きなディズニー・ガジェット・WEBについて書いています。