ホーム > 暮らし > ガジェット > 無料じゃだめなの?サービスを課金しても使う理由

無料じゃだめなの?サービスを課金しても使う理由

コージ
詳しいプロフィールはこちら

僕はいくつか月額や年額単位で課金しているWEBサービスがあります。

これまでEvernoteのヘビーユーザーではなかったので、容量が足りなくなることはなかったのですが、最近容量が足りなくなってきてしまい、課金しようかと考えています。

契約しているのは月額制、年額制それぞれありますが、改めて毎月どれくらいWEBサービスにお金を使っているのか調べてみました。## 課金しているサービス
2016年11月現在は6つのサービスに課金して、利用しています。

月額制

Dropbox

月額:1200円

Macの容量がいっぱいになってしまったのを機に、Basicプランにしました。

ファイルは使うもの、使わないもの問わずクラウド上にあったほうがやはり便利ですね。

プロジェクトで使わなくなったけど削除しないほうがよいもの、動画ファイルなどこれまでHDDで管理していたり、Macの容量を圧迫していたものを、すべてDropboxに移しました。

AppleMusic

月額:980円

音楽はすべてiTunesで管理しています。

AppleMusicだと、月額980円を払えばネットが使える環境であれば、古い曲から新しい曲まで聴いたりダウンロードすることができます。

レンタルショップのように全ての曲が配信されているわけではありませんが、AppleMusicで登録されている曲と自分の需要がマッチしている人にとっては、とてもお得なサービスじゃないかと思うんですよね。

僕は主にディズニーソングを聴いていますが、ショーやパレードの曲が発売日には配信されるので、手放せないサービスになりました。

ビジネスオンデマンド

月額:540円

ビジネスオンデマンドは完全に個人的に楽しむために契約しています。

テレビ東京のカンブリア宮殿が大好きで、ビジネスの勉強にもなり毎週欠かさず見ている数少ない番組の一つです。

ただリアルタイムで見ようと思うと、テレビの前にいなければいけないし(録画も同様)ということで、いつどこでも見れるのは便利なんですよね。

他にもガイアの夜明けなんかもちょくちょく、興味のある放送があったりして、契約を解除することも考えたこともあるのですが、使い続けています。

GitHub

月額:$7.00

僕の職業はエンジニアなので、コードを管理するためにGitHubは業務でもプライベートでも使用しています。

業務で使うだけであれば、無料でも困ることはありませんが、プライベートで使う際は自分でコードを非公開にしておきたいものがあります。

非公開にするためには有料にする必要があるので、毎月課金しています。

Adobe Creative Cloud

月額:980円

職業上Photoshopが使えなくては仕事ができないので、契約しています。

今のところ経費にあたるものですが、Photoshopと合わせてLightroomも使用することができるので、写真の管理や現像などはLIghtroomで行うようになりました。

年額制

WorkFlowy

年額:$49.0

僕が契約している中では唯一の年額制のサービス。

本当はDropboxもソースネクストの3年契約の格安プランに乗り換えようかと思いつつ、まだちょっと迷い中。

WorkFlowyは僕の中で、なくてはならないツールになってしまったので、期限がきても迷わず更新します。

日々のアイデアから打ち合わせの内容、ブログなどの文章を書くことまで、テキストデータと呼べるほとんどはWorkFlowyで管理しています。

サービスに課金した分だけの価値は得られるのか

僕が現在、月額で払っている料金は約4400円(ドルが含まれるので約)です。

プラスしてWorkFlowyの年額を割ると、ざっと月に5000円をWEBサービスに払っていることになりますね。

では毎月払っている分だけの価値を得られているか?

生活に溶け込こんでいる

僕が契約しているサービスは生活に溶け込んでいるものばかりです。

料金が多少値上がりしようが、関係ないんですよね。

もちろん急に高い金額になったら、その時に代替サービスへの乗り換えを考えるかもしれませんが、基本的には生活する上でもはやなくてはならないのが、今契約しているサービスになります。

価値を感じる感じないという基準ではなく、光熱費や食費のような感覚に近いです。

つまり生活の中でなくてはならないという状況ではなくならない限り、無意識に価値を感じ続けています。

さいごに

有料制のWEBサービスはたくさんあります。

その中で自分の生活に溶け込むかどうかが、有料でも使うか使わないかの基準なんですよね。

生活に溶け込まないWEBサービスはバッサリとやめてしまっても、意外と困ることはありません!

スポンサーリンク
記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぜひフォローよろしくお願いします!
このブログを書いている人
コージ

フリーランスでエンジニアとかブロガーやっています。