人生を楽しむオタクから名言を学ぼう!本音で生きるための言葉5選

オタクは人生を楽しむことのスペシャリストです。

自分の本音にとことん正直で行動に移して、なんとしてでもイベントやライブに参加してやろうというモチベーションの高さがあります。

オタク歴12年のコウジ(@koojy3)です。

僕は2006年に水樹奈々さんを知ってライブに参加してから、どんどんとオタク友達が増えてイベントやライブの時はもちろん日常的にも顔をあわせる友人がいます。

オタク友達と過ごしてきた時間の中で「オタクって本当人生楽しんでるよねw」って話をよくします。

これまでそんな友人たちと付き合ってきて、オタクならではのこれは名言すぎるだろ!って言葉を集めてみました。

人生を謳歌するためにも僕が普段意識している言葉もあるので、御覧ください!

※この記事でのオタクとは僕の友人のことを指します

1. お金は後から稼げるけど、時間は今しかない

行きたいイベントやライブが年に数回あると、当然チケット代や交通費がかさんできます。

特に学生の時なんかはもうほかに回すお金がないくらいです。

お金がないと当然諦めるのが普通の考えだと思いますが、そこで諦めないのがオタク。

その時に行われるイベントやライブはその瞬間にしかなく、お金の心配なんてするな、という意味の言葉ですが、普通に考えたら無謀です・・。

だけど行きたいイベントやライブを逃してしまった人ほど、この言葉は胸にぐさりと突き刺さり共感できちゃうんですよね。

人生を楽しむ上でその時にしかできないこと、行けないところ、は誰にでもあると思います。

その時にしかない時間ついて、無謀すぎるくらいのほうが、人は行動に移すことができます。

僕は人生を生きる上で、この言葉は日々意識して生活しています。

2. 自分が社会人になったときに学生を助けてあげればいい

まだ学生だった頃、20歳程度年上の友人に聞かされた言葉です。

2人で食事をする機会があり、その場をごちそうになりました。

ネットで知り合ったため、直接話しをしたのはイベントやライブの数回程度の間柄だったこともあり、驚いたのを今でも覚えています。

その友人も昔、年上の友人に同じことをされたから続けているとのことでした。

先にも書いたとおりイベントやライブに行っているとお金は枯渇して、学生の時は余裕ないんですよね。

一回の食事代の大きさを身にしみますが、オタクでなければ年代がバラバラの友人たちがいるなんてこともなく、社会人が学生を助けてあげる文化は本当に素敵です。

僕も社会人となった今、学生や年下の友人と金銭のやりとりが発生するときはこの言葉を意識するようにしています。

3. まずい酒を飲んでいる暇はない

学生でも社会人でもあるのが飲み会の席はありますよね。
会費は取られるのに我慢して参加する飲み会もあるんじゃないでしょうか。

オタク同士の飲み会は自分の好きなことを包み隠さず飲みながら話せる場であり、共感できる人たちの集まりです。
お金をどんどん使うイメージのオタクでも、お金使いにシビアになるのが自分にとって興味がないことに対してです。

興味がない飲み会に参加するのは時間とお金の無駄遣いとも捉えます。

またイベントやライブの地方遠征で各土地の美味しいものを食べている人が多いせいか、店選びにも抜かりありません。

自分たちが満足できないお酒を飲まないようにするポテンシャルが高く、楽しい飲み会の場を選ぶのも全力投球です。

4. 休み取れないから会社やめた

ネタではなく、実際にあった話です(笑)

イベント参加するためには数日の平日休みを取る必要があり、どうしても参加したい友人は休みが取れなかったから、会社を辞めていました。

オタクレベルが低かった当時の自分はさすがに無茶苦茶だろ・・と思いましたが、今ならそういう生き方も良いんじゃないかと思っています。

お金は後から稼げるけど、時間は今しかない」でも書いたように、その時の時間はその時にしかないんですから。

僕の場合はこういう友人が周りにいたせいか会社をやめるということのハードルも結構下がったのかもしれません(笑)

どうしてもやりたいことは、どんな手段を使ってでも目標を達成する能力は、素晴らしいです。

一般的にこんな話をすると「何考えてんの?」って言われてしまいそうですが、その時友人たちの間では「さすが!w」という声で楽しい時間を過ごしました。

5. とりあえず予約しよう

地方都市でのイベントやライブが決まると、とりあえずホテルや交通手段を確保します。

スケジュールやお金の都合で行くか行けるかどうかは関係なく、行くとなった場合に必ず必要になるからという理由です。

普通ならスケジュールを確認・調整して、チケットなどを取ってから、最後にホテルや交通手段を抑えると思うんですよね。

一般的な順番とは逆に進めるのも、そのほうが目的達成に一番近道だからです。

また早めに予約することで、早割などでお得に抑えることができるというメリットもあります。

イベントやライブに参加することに限らず、目標を達成するには逆算して、動いたほうが目標達成の確率が高くなります。

またとりあえず動く、考える前に動く、スピード感は事を考えてハードルが上がることがないので、ぐんと目標達成までのハードルを低く抑えることができるんですよね。

本音で生きるならやりすぎくらいがちょうどいい

本音をやりきるためのオタクの言葉はいかがでしたか?

普通ならバカなこと言ってんじゃないよ、と思われる言葉もありますが、人が本音で生きるってやりすぎるくらいじゃないと難しいです。

何かしようとすると

  • お金がないから
  • 休みがないから
  • 時間がないから

この言葉がよく使われます。

「ない」と考える前に動いてみたら、案外いけたりします。

日々、自分の本音で楽しい時間をともにできるオタクがいるから、オタクはやめられない!