コウジジャーナル
ホーム > WEBサービス > WorkFlowyからOmniOutlinerに乗り換えようとしたけどやめた話
  • 2016年10月24日

WorkFlowyからOmniOutlinerに乗り換えようとしたけどやめた話

毎日WorkFlowyを使うようになってから、スマホでもっと快適に使えるようにしたいと、一度WorkFlowyから離れてOmniOutlinerを使ってみました。

決して安くないOmniOutlinerですが、購入したにも関わらず結局のところWorkFlowyがやっぱりいい!という結論に至りました。

OmniOutlinerを使ってみようと思った理由

OmniOutlinerを使ってみようかと思ったのは、公式のiPhoneアプリが使いやすそうという印象をもったらからです。

WorkFlowyはめちゃくちゃ便利でカスタマイズも効いてよいのですが、公式のWorkFlowyアプリは決して使いやすいといえるものではないんですよね。

Macでも専用のアプリがあるし、OmniOutlinerを使えば環境を気にせず快適にアウトライナーを使えるのでは?と考えました。

OmniOutlinerはMacでもiPhoneでも快適だったのか?

結論から言ってしまうと、僕は全然快適と感じることができませんでした。

むしろ、使いにくい…と思ってしまった。

何が使いにくかったか

同期が不安定で競合が頻繁に発生する

WorkFlowyはWEBベースなので、同期の速度は爆速です。

対してOmniOutlinerは1つのファイルを操作するため、WorkFlowyのような瞬時に同期されることがなく、デバイス間の競合が発生することが多々ありました。

iPhoneアプリでズームができない

OmniOutlinerのiPhoneアプリはアウトラインを操作する点においては、使いやすいです。

ただ、割りと致命傷と感じたのはトピックのズームができないことです。

アウトラインが増えてくるとズームできないと、見づらくてしかたないですし、どうしても余計なものが目に入ってしまい考えるということに向きませんでした。

WorkFlowyに戻ってどうしたか

OmniOutlinerを使うのはやめたけど、WorkFlowyでのスマホ環境はどうしたのか。

これはMemoFlowyとHandFlowyの環境を整えました。

両アプリともに公式のアプリではありませんが、この2つのアプリがないとWorkFlowyが使いたくないほど便利です。

思いついたことはMemoFlowy、考えを深めたいときはHandFlowy。

基本的にはこの2つのアプリをしっかり使いこなせばWorkFlowyのスマホ環境は、快適になります。

[appbox appstore appid 1052582668]

[appbox appstore appid 1080279196]

さいごに

一度WorkFlowyを離れてみて、デバイスを意識することなく同期に気にせず使えるWorkFlowyはやっぱり強みを感じました。

MemoFlowyとHandFlowyを使うことで、スマホでの使い勝手も格段に向上するので、アウトライナーは僕の中でやはり頭ひとつ抜け出している感触です。

せっかく購入したOmniOutlinerはどうしよう…。

何か使い道が見つかったら、また記事にしようと思います(笑)

スポンサーリンク
名前:コウジ

フリーランスのエンジニア、ブロガーのコウジが日常生活で気づいたこと、購入したモノのレビュー、仕事・働き方のこと、生活を楽しくするTips、僕が好きなディズニー・ガジェット・WEBについて書いています。