音楽環境がアプリやモノによってガラッと変わったので紹介します

音楽を聴くのにデータはどこに置いて、どんな環境で聞いていますか?

音楽はプライベートな時間、仕事中関わらず必要不可欠な人もいますよね。

こんにちは!コウジ(@koojy3)です。

今年は音楽を聴く環境がガラッと変わりました。

音楽を聴くことの利便性が大きく変わったので、どんなことが変わったのか紹介します。

約4000万曲が聴き放題と謳っているspotify。

今年になってようやく使い始めたけど、使っていてとても快適なのですぐに有料のプレミアム登録しました。

自宅で仕事をしているためBGM的なものを常に流しておきたいので、以前はカフェ風の曲をレンタルしたりしていました。

それがSpotifyならカフェ風の曲はもちろん他にも大量の曲が聴き放題になります。

今年感動するレベルで生活の一部の変えたWEBサービスのひとつです。

自分が持っている曲をアップロードして、どの環境からでも聴けるようにGoogle Play Musicを使っています。

Google Paly Musicに音楽をアップロードして使う前はiThunesでiPhoneに同期してデータを取り込んでいました。

iPhoneユーザーならわかると思うけど、同期に時間がかかる上に失敗することもしばしばで、結構ストレスがあるんだよね。

今はiThunesに音楽を入れると自動でGoogle Play Musicにアップロードされるじゃら、iPhoneに取り込むためのストレスがなくなりました。

音楽データって大量にあると容量も結構食うじゃないですか。

そこでiThunesのライブラリは自宅の外付けハードディスクに置いてました。

家にいる時はいいんだけど、これだと外でPC使っている時にはiPhoneでしか曲のデータにアクセスできないんだよね・・。

それがクラウド上に音楽データを置くことになって外にいてもPCで曲が聴けるようになったのは地味に嬉しい効果です。

イヤホンは今年iPhoneを8に変えたことをきっかけに、Blutoothイヤホンを使いはじめました。

買って毎日使うようになって思ったのは・・

なんでもっと早く買わなかったんだ!

ってことですね。

有線のイヤホンが不便と思っていたわけじゃないんだけど、実際にコードがなくなって感じる便利さ。

  • 作業中に聞いていてもコードが引っかかることがない
  • 移動中などiPhoneを手に持ってなくてよい

ちなみに僕が使っているのはJabraのイヤホンです。

なかなか良いお値段するけど、ケチらず安いの買わなくてよかった!

Blutoothイヤホンは初めてだから、安い試そうかなって思ったけど断線とかないし、どうせ高いの欲しくならと思って買ってみました笑

家にいる時は基本的にPCの前にいることが多いので、PCディスプレイの下にバータイプのスピーカーを置いています。

ずっとバータイプのスピーカー欲しい!って思ってたんだよね。

ということで使っているのはCREATIVEのSound BlasterX Katanaというスピーカーです。

バータイプのスピーカーはディスプレイの横ではなく前に置くので、横幅がかさばることがありません。

初めてバータイプのスピーカーを使いましたが横に場所を取らないせいかとてもスマートなんですよね。

またSound BlasterX KatanaはLEDライトがついていてカラフルなものからシンプルなものまで自分好みの配色を選ぶことができます。

デスクまわりのワンポイントとしてもこのライトがおしゃれなんですよね。

音楽を聴く環境の幅を広げるのにスマートスピーカーを導入しようかなって思っています。

今のところの候補はAmazonのEcho Plusの第2世代。

Echo Plusは360度スピーカーなのでリビングに置いて音楽を聴くためのスピーカーとしてはもちろん、スマートホーム化を考えています。

音質の面で大丈夫かな?って不安はあるけど主にBGM系を流すことが主になりそうだからお試しに導入がいいかな。

毎日のように生活を便利にするモノやサービスが出ていますが、音楽を聴く環境は本当に便利で快適になりました。

SpotifyとGoogle Play Musicは本当におすすめなので、まだ使ったことがない人は一度使ってみてはいかがでしょうか?

スマートスピーカーの導入も検討していると書きましたが、導入したらまた記事にしたいと思います。

それではまた!

気になるワードで記事を検索しよう!
FOLLOW ME!!