コウジジャーナル
ホーム > フリーランス > 5月病・サザエさん病の原因!頑張って我慢しなくてもよい選択
  • 2016年5月8日

5月病・サザエさん病の原因!頑張って我慢しなくてもよい選択

GWが終わって、明日からまたいつもの日常がやってきます。

5月病、サザエさん病の人でいっぱいでしょうね。
1年の中でも会社・学校行きたくない気持ちの繁忙期。

残念なことに次の祝日は、7月18日の海の日までありません。
つまりそれまでは、毎週月曜日〜金曜日まで仕事になる人が、多数でしょう…。

6月は祝日が1日もないんですよね。
のび太くんが1年で1番嫌いな月が、祝日がない6月だったような(笑)

そもそも、なぜ会社に行きたくない気持ちになるんでしょう。

サザエさん病から開放された

僕は4月からフリーのエンジニアになりました。
フリーランスになってからは、サザエさん病にかかったことがないんですよ。

会社員に比べてフリーランスの人がサザエさん病にかかる人の割合って、相当低いじゃないかと思います。
ぎゅうぎゅうの満員電車に揺られて会社に行く必要もなければ、ストレスの負荷だって圧倒的に少ないですからね。

そもそもフリーランスに、曜日は関係ないですし。
もはや曜日に対しての感覚は、土日は商業施設やテーマパークが混んでる、くらいの印象しかなくなりました。

仕事をしたくないわけではない

5月病やサザエさん病って、仕事をしなければいけないから、かかるものじゃないと思うんですよね。
もちろん仕事せずに毎日遊べるに越したことはないけど、仕事をすること自体は問題ではない。

毎年、新卒の友人が口にするのは、就職したくないという言葉。
話を聞けばみんな、就職したくないだけで、バイトのままが良いと。

就職すると、サービス業などシフト制の勤務でない限り、平日の日中はすべて会社に拘束されます。
この自由が効かなくなる生活が、嫌なんですよ。

この気持ちこそが、会社勤めする人の本音じゃないですか?

さいごに

5月病やサザエさん病って結局、行動の自由を制限されたり、やりたくないことを我慢しなければいけないから、かかるんですよね。

1週間、2週間程度の期間であれば問題でないかもしれません。
就職するとやめるまで、業務内容・就業形態に変化が起きないかぎり、ずっと続く逃げ道のない生活だから、我慢する負荷が大きいんです。

もちろんフリーランスの大半は、企業に勤めるよりは安定度は低いです。
安定を取るか、自由な生活を取るかは個人の自由ですが、毎回の連休の度・毎週末の度にサザエさん病にかかるなら、自由な生活を取ることを真面目に考えてみるのは悪いことじゃないですよ。

生きていければ、いいんですから。

スポンサーリンク
名前:コウジ

フリーランスのエンジニア、ブロガーのコウジが日常生活で気づいたこと、購入したモノのレビュー、仕事・働き方のこと、生活を楽しくするTips、僕が好きなディズニー・ガジェット・WEBについて書いています。