BLOGGER
コウジJOURNAL

Macを使う全ての人におすすめしたい10のアプリ

Macを使う全ての人におすすめしたい10のアプリのカバー画像

Macには便利でイケてるアプリがすごいたくさんありますよね。

誰もが使いそうなものから専門的なクリエイティブ系に使えるもので幅広いラインナップで、有料アプリでもガンガン課金してしまいたくなってしまいます。

こんにちは!コウジ(@koojy3)です。

僕は初めてMacを触ってから9年ほど経ちますが、おすすめしたいMacのアプリはたくさんあります。

今回はMacを使うなら多くの人が使えそうなアプリを紹介します!

Bartender

Bartender3

画面上のメニューバー右側に起動中のアプリのアイコンがずらっと並んでいますよね。

2つ3つならあまり影響もありませんが、数が多いとめちゃくちゃ見にくくありませんか?

Bartenderは起動中のアプリのアイコンをひとつにまとめることができるアプリです。

フォルダのようにBartenderのアイコンをクリックすることで、まとめるように指定したアプリのアイコンをグループ化することができます。

ごちゃごちゃしたメニューバーがすっきりして、起動アプリが多い人におすすめです!

Bartender 3 | Mac Menu Bar Item Control

Alfred

Alfred

Macでアプリを起動する時はどうやって起動していますか?

ドックの中のアイコンをクリックしたり、Finderの中のアプリをクリックするのが通常の起動方法ですよね。

Alfredを使うとキーボードだけで、アプリを起動することができます。

option + spaceを同時に押すと検索窓が現れて、起動したいアプリの名前を入れて選択することで、アプリを起動することが可能です。

またAlfredは直接Google検索したり、パソコン内のファイルの検索、その他にもできることが数多くあります。

とりあえずアプリの起動の用途で使い始めて、Alfredの便利さを感じたら色々と自分なりに設定して使うのがおすすめです!

Alfred - Productivity App for Mac OS X

Clipy

Clipy

クリップボードの履歴やスニペットを保存できるのがClipyです。

アイコンをクリックするかショートカットキーでClipyを呼び出すことができます。

僕自身はクリップボードの履歴を使いたくなるということはあまりありませんが、スニペットの登録・呼び出しで大いに役立っています。

スニペットはなくても、毎回同じ文章を打ったり、どこかにメモしてある文字をコピーすればよいですが、効率やめんどくさの点で使えるなら間違いなく使ったほうが幸せになります。

またClipyは無料なので、とりあえず誰もが入れてみて良いアプリです。

Clipy - Clipboard extension app for macOS

⌘英かな

英かな

キーボードは日本語配列(JIS)と英語配列(US)があります。

日本語配列を使っている人は多いと思いますが、英語配列を使っている人もいるでしょう。

僕自身もプログラミングするときにタイプしやすいという点で、英語配列を使っています。

ただ英語配列には日本語に変換するキーがないんですよね・・。

そこで⌘英かなを使うことで⌘キーを日本語変換キーに変更することできます。

英語配列のキーボードで日本語を取り扱うにはこのアプリはもはや必須です!

⌘英かな

Resolutionator

Resolutionator

MacBookやMacBook Airは持ち運びできどこでも使える反面、もう少し画面が大きく作業領域があると嬉しいのに・・と感じることはありませんか?

そんな時にResolutionatorで画面の解像度を変更することで、擬似的に画面内の作業領域を広くすることができます。

解像度の値を大きくすることで、画面内のアプリや文字のサイズは小さくなります。

Web開発や画像・動画編集のような作業時には実寸と変化が出るため影響が出ますが、逆にそういった作業をすることがない時は作業領域が大きくなるので、今使っているPCのイメージががらっと変わりますよ。

Resolutionator · Many Tricks

Divvy

Divvy

Divvyは使っているアプリのウィンドウサイズを画面に対してぴったりと自由に変更することができます。

左半分、右半分など簡単にウィンドウサイズを調整できるため2つのアプリを並べて使うときに効果を発揮します。

またアプリを画面いっぱいのサイズにしたい場合にも使えます。

僕自身はよく使うアプリが起動時に全画面ではないので、Divvyを使って起動直後に全画面に変更したり、といった用途でも使っています。

ドラッグやショートカットキーで画面サイズを変更できるのも、Divvyがイケているところです。

Yoink

Yoink

デスクトップやフォルダにあるファイルを別の場所に移動する時はどうやって移動していますか?

Finderでコピーして場所移動した後にコピーしたり、画面のサイズを調整してデスクトップから移動したりしているのではないでしょうか。

ファイルの移動って結構めんどくさいですが、Yoinkを使うとファイル移動がめちゃくちゃ便利になります。

画面の端にファイルを持っていくと一時保存する場所が最前面に表示され、そこから別の場所に移動することができます。

デスクトップからYoinkで画面端にファイルを置いておいて、違う場所にドロップするなんて作業がめちゃくちゃ便利になります!

Amphetamine

Amphetamine

一定時間Macを操作しないと自動的にスリープ状態になってしまいますよね。

スリープ状態になるのを防げるのがAmphetamineです。

毎回パスワードを入れてスリープを解除をするのはめんどうだし、チャットツールなど操作はしていないけど開いておきたいという状態があり、スリープ機能がいらない人には必須のアプリ。

MemoryFreer

MemoryFreer

Macを使っていると動作が重くなってくることってありませんか?

そんな時にメモリを開放すると、動作が軽くなることがあります。

メモリを開放するのに使えるのがMemoryFreerです。

使っているメモリ量、空きメモリ量が確認でき、クリックひとつで簡単にメモリを開放することができます。

ForkLift

Forklift

ForkLiftはMacを使うならめちゃくちゃおすすめしたい多機能ファイラーです。

Finderを使っていると一つの画面内で移動したり戻ったりすることになりますよね。

もしFinderが画面内に2つ並んでいたら便利だと思いませんか?

それを実現しているのがForkLift。

画面に違うフォルダを2つ並べられるだけでファイル操作の効率アップです!

またサーバーへ接続してフォルダやファイルの閲覧から編集までできるため、Web開発する人にはよりおすすめですよ!

  1. ホーム
  2. Macを使う全ての人におすすめしたい10のアプリ