ホーム > 暮らし > ガジェット > 気になる本をKindleで確実に読む!僕がやっているKindle管理法

気になる本をKindleで確実に読む!僕がやっているKindle管理法

コージ
詳しいプロフィールはこちら

Kindle使っていますか?

本をよく読む人にとっては、デバイス1つでどこでも読めるし、便利です。
僕はお風呂で湯船に浸かりながら、Kindleで読むことが多いんですよね。
紙の本だとよれよれになっちゃうけど、端末ならジップロックに入れれば濡れても平気!

Kindleを使うようになってからは、本を読む量が圧倒的に増えましたよ。
そこで僕が気になった本を漏れ無く、Kindleで読むためにやっていることがあります。

本を見つけるのは本屋

ネットで検索できると言っても、僕は本屋で読みたい本を探します。

やっぱり本を買うかどうかって、実際に本屋で手にとってパラパラと中身を見て、決めたいんですよね。
よほど気になるとか、今すぐ読みたいという状態以外には。

本屋で気になる本が見つかったら、すかさずKindleストアで検索しています。
その場では購入せず、端末にサンプルを送信!

サンプルを端末に送っておくことで、確実に気になる本を、管理します。
読むものをいれるというよりは、サンプルは気になる本リストの感覚ですね。

アプリで検索を早くする

本屋で検索するときに、時間がかかってしまうと、めんどくさいです。
たぶんサンプルを送信しなくなっちゃいます…。

そこで検索系のアプリを使って、素早くKindleストアを検索できるようにしています。
僕はEurecaというアプリを使っていますよ。

アプリを起動後、検索したいワードを入力して、Kindleストア内を検索できるボタンを用意して、サクッと検索しています。
他にも同じ事ができるアプリであれば、何を使ってもよいですね。

買わないサンプルは削除

本屋でサンプル送信した時点では、直感的にはある程度買うかどうかは決まっているんですよね。
もちろん買うか悩ましいなってものも、サンプル送信していますが、実際には買わないことが多いです。

そうして、サンプル送信しているうちに、ライブラリがサンプルだらけになることも、よくあります…笑
ずっとサンプルだらけの状態だと、ごちゃごちゃになるので、買わないものはちゃんとサンプルを消しましょう。

この記事で書いた、お気に入りを持ち歩くじゃないですけど、実際に購入しても端末からは消してしまうこともあります。

[rt id=61]

Kindleは端末から消しても、いつでも再ダウンロードできますからね!

さいごに

今でこそすごいたくさん本を読むにようになりましたが、僕は本を読むのは好きだったわけじゃないですよね。
だけどKIndleは読書スタイルを、変えてくれました。

読書習慣が身につくと本って、やっぱり読みたくなるんですよね。
本屋で気になる本を片っ端から、サンプル送信することで、常に読みたい本がリストアップされた状態になります。
読みたい本がない!ってことも少なくなり、快適な読書ライフが過ごせますよ。

スポンサーリンク
記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぜひフォローよろしくお願いします!
このブログを書いている人
コージ

フリーランスでエンジニアとかブロガーやっています。