まだ「仕事だから我慢」に消耗しているの?人生楽しく過ごそうよ

どんな職場でも耳にする仕事だから◯◯しなきゃいけない

僕はこの言葉がとても嫌い。
仕事とは一体何様なんだろう?と…。

水戸黄門 の印籠かよって突っ込みたくなる(笑)

ただのお金を稼ぐことの総称みたいなもんでしょ。
仕事だから、残業しなきゃいけない、ぎゅうぎゅうの満員電車で毎朝決まった時間に通勤しなきゃいけない。
電車が止まったら振替で、もみくちゃにされながら、仕事前にぐったり。

そんな生活が嫌で、僕はフリーランスになった。

我慢してやることが仕事ではない

仕事だからと言って、なんでもかんでも我慢するのは違う。

会社員であれば一定の期間内で会社にとって、貢献することが社員にとっての仕事。
なんでもかんでも、我慢していると仕事とは我慢しなきゃいけないものだというイメージが出来上がってしまう。

僕自身、社会にでて仕事をするとは、我慢が避けられないというイメージに、洗脳されていたのかもしれない。
むしろ今では、なんでもかんでも仕事だと言って、我慢している人ほど、仕事ができない人とさえ思う。

なぜ我慢するのか

一時期在宅で、リモートワークをする機会に、恵まれたんですよね。
その時、完全に仕事に対しての見方が、変わった。

なぜ仕事だから我慢するのか?
我慢してまで仕事をしなければいけない、理由はひとつ。

お金がもらえるから

我慢してする仕事に、コレ以外の理由はないでしょ。

考え方を変える

我慢が会社にとっての貢献でなければ、我慢する必要はない。
もっと言えば、自分自身にとって我慢する価値がなければ、転職だって考えて良いと思うんだよね。

逃げるのではなく、それはただ相性が合っていないという、簡単な話。
今の時代、稼ぐ方法はたくさんあるのだから。

例えば今なら、家で稼ぐことだってできる。

[rt id=27]

我慢しなければいけない仕事以外で、お金を稼ぐことができれば、どうなるのか。
誰だって我慢しなくていい方を選ぶでしょう。

さいごに

普通の社会人なら、平日は毎日8時間、週40時間も仕事に時間がとられる。
通勤を合わせたら、人によっては1日の半分くらい取れられている人だって、いるはず。

仕事を我慢してやっているなら、もっと時間に対して危機感を持ったほうがよい。
そんな生活してたら、不満だけを残して、あっという間に人生終わっちゃう。

人生を楽しくするには、いかに仕事を楽しくできるかによる。
1度きりの人生なんだし、仕事だからに消耗してないで、冒険してもいいんじゃないかな。

スポンサーリンク