コウジジャーナル
ホーム > 転職 > 転職活動は不安でつらい?選考はタイミングとご縁ですよ

転職活動は不安でつらい?選考はタイミングとご縁ですよ

転職活動していると書類、面接問わず、選考が通らないとつらいですよね。
そんな時間が続けば誰でも不安になります。

僕自身も新卒の会社を1年足らずで辞めて、これまでに2回転職をしてきました。つらくて落ち込んだこともあります。今はフリーランスとして仕事をしていますが、振り返ると転職活動って落ち込む必要ないなって思うんです。

書類も面接も通らないと「自分ってダメなのか・・」って思いがちですよね。
だけどこんな風に考えるのって転職活動は会社に自分がどう評価されたかって捉えてしまうからです。

転職活動はご縁

転職活動って応募した会社とご縁があるかなんです。

あなた自身が評価されているというよりは、その時会社が求めている人材とあなたがマッチするかというタイミングの問題しかありません。
同じ人が同じ会社に応募しても、選考を通過するタイミングもあれば、選考を落ちるタイミングだってあります。

会社が選考しているときに条件があう人なら合格、合わない人なら不合格。
あなたがダメだから選考を落ちるのではなく、タイミングが合わなかっただけです。

転職活動は楽する時代でしょ?Facebookを使ってスカウトされてみよう!

選考に通らず自己嫌悪になる必要なんてない

僕は現在フリーランスとして仕事をしているので、クラウドソーシングを利用しています。
クラウドソーシングは仕事を発注したい会社と仕事を受けたい人を結びつけてくれる仕組みです。

仕事を受けたい僕は仕事を募集している会社へ応募し、選考が通れば仕事を受けることができます。
これって転職活動に似ていると思いませんか?

興味がある仕事にはどんどん応募しますが、選考に通らないことなんて普通です。
「ただ条件が合わなかったか・・」と思っておしまいです。

自己PRと動機は条件が合うか合わないかの判断材料にすぎない

自己PRや動機の説明がうまくできなかったから「選考が通らなかったんだ」って思ったことありませんか?

こんな風に考えてしまうのも、やはり会社に自分が選ばれているという意識があるからなんです。
自己PRは「わたしはこんなことができます、御社にはこんなスキルの人どうですか?」、動機は「御社のこんなところに興味をもっている人はどうですか?
と相談するものです。

相談内容を企業が判断しているだけなんですよね。
逆に会社の労働条件、環境があなたの自己PRや動機と合わなければ、あなたが選考を辞退してもいいんです。

選考はあなたにとっても会社にとっても相談する場

あなからすると応募する会社はその時に希望する条件・環境が整っている会社ですよね。
会社からすると応募してくれる人が希望する人材とマッチするか。

繰り返しになりますが転職活動はご縁であり、タイミングです。

応募する会社には相談をする気持ちで、転職活動すると気持ちが楽になりますよ。
あなたが素敵な会社に巡り会えますように。

スポンサーリンク
名前:コウジ

フリーランスのエンジニア、ブロガーのコウジが日常生活で気づいたこと、購入したモノのレビュー、仕事・働き方のこと、生活を楽しくするTips、僕が好きなディズニー・ガジェット・WEBについて書いています。