iPadを買うメリットは?使い道は?購入理由を検討しました

iPadを買ってみようかな?と考えることはあってもなかなか購入に至りません。

だけどiPadの第7世代が発売されてとてもお手軽な値段で買えるようになりiPad熱が高まったので、自分にとってiPadが必要かどうか考えてみました。

この記事ではiPadを買おうかどうか迷っている人にiPadを買うメリットがあるかどうか考えてみませんか?と思い、今回iPad購入で考えたことを紹介します。

iPadを購入するメリットはあるか?

結論からというとお手軽な価格で購入できるようになったiPad第7世代を含めて、購入は見送ることにしました。

購入を見送った1番の理由はiPadを今のライフスタイルの中で自分が使っているイメージを想像できなかったからです。

前提の条件として僕はiPhoneとMac、他パソコンを持っていて、ネットにつながるテレビが自宅にあるという環境です。

iPadを購入するからにはもちろん何かやりたいことがあって買う人がほとんどだと思います。僕の場合は下記のことをiPadでできると良いなあと考えていました。

  • YouTubeやNetflixなどの動画閲覧
  • ブログの下書き
  • 写真編集
  • ノート代わりにメモツール

すべてiPadでできることだしiPadがあればあるで便利だと思うのですが全部iPadじゃなくて他のデバイスを使ったほうが楽だし便利じゃないかな?と思いました。

iPadで動画を見る機会は?

iPadを欲しいと思っている人の多くはYouTubeやNetflixの動画を閲覧することが理由にある人も多いのではないでしょうか?

僕も購入理由の1つではあるのですが、よく考えてみるとiPadで動画を見るシチュエーションが以外となさそうだったんですよね。

たとえば自宅だと

  • パソコン使っている時:そのままパソコンで見れる
  • リビング:テレビで見れる
  • お風呂:iPhoneで見る

のように考えていくとiPadあっても使う時があまりなさそうでした。

また持ち運びに便利なiPadなので外出先で使うかな?と考えた時に、今の生活で移動中くらいにしか動画を見たりしないのでそれならむしろ小さいiPhoneのほうが便利です。

人それぞれどんなデバイスを持っているか、どんな生活を送っているかによって使う機会があるかどうかは大きく変わると思いますが僕の場合はiPhone、パソコン、テレビで動画を見れる環境があるのでiPadを使う機会はきっと少ないかなと思いました。

iPadを使うと逆にデメリットになる?

今回僕が購入理由に考えているiPadの使い道の場合、iPadではないほうが使いやすい可能性がとても高いです。

Smart Keyboardを使って文字入力

iPadで長文を入力しようと思うとキーボードは必要不可欠です。

Smart Keyboardではなくても文字さえ入力できれば構わないのですが、共通して言えることは入力は良くても編集がし辛いことです。

先頭から順に文字を書くだけならパソコンと使い心地が変わらないと思いますが、文字を切り貼りしたり順番を変えようと思うと苦労します。

パソコンならマウスやトラックパッドで簡単に文章を選択して入れ替えたり、コピペ可能ですがiPadとなるとそうはいきません。

これは使っているうちに確実にストレスになってiPadではなく結局パソコン使う自分がイメージできてしまいました。

手書きできれば便利だけど紙のノートやメモでもいい

iPadを持ち歩けば手書きが必要な場合でもノートがなくても手書きで文字を書くことができます。

ペーパーレスになるしデジタルノートは資料を切り貼りするときにも便利だと思いますが、僕の場合は紙のノートも好きだし、そもそもiPadで手書きする機会がそんなになさそうでした。

関連記事→ MDノートは書き心地が良くてデザインがシンプルな最高なノート

漠然としたiPadで手書きという憧れよりも本当に自分が使いやすくて満足できる環境でメモなり資料を作るほうが良いと思います。

iPad関連のアクセサリーを買うと値段が上がる

iPad第7世代だけなら34,800円から購入できるので本体だけを見るともちろん書いやすい価格ではあります。

だけど文書を書いたり、手書きをできる環境を整えるために本体以外にも

  • Smart Keyboard(17,800円)
  • Apple Pencil(10,800円)

を購入する必要がでてきます。

本体と合わせると63,400円になってしまいます。 また僕の場合は色々と検討した結果iPad第7世代ではなくiPad Air3の64GBのWiFiモデルの購入を考えていました。

その場合本体が54,800なので合計83,400円になります。

MacBook Airが少し足せば買える

MacBook Air

購入の金額が10万円に近づくにつれてあれ?もうちょっと足せばMacbook Airが買えるんじゃないかと?という思いが出てきたのもiPadの購入を思い留まらせた理由です。

MacBook Air - Apple(日本)

タブレットとパソコンじゃもちろん違いますが、iPadに求める用途がMacBook Proよりも手軽に使えるデバイスが欲しいということでした。

それさえクリアできれば個人的にはタブレットでもパソコンでもどっちでもいいかなという感じです。

iPadはパソコンよりも軽くて持ち運びやすい

少し足せばMacBook Airが買えるとは言えパソコンとタブレットでは当然違います。

パソコンに比べて重くないタブレットはとても大きなメリットだと思います。

ですがいくら軽くてもやりたいことができなかったり、PCに近いことができなければ持ち歩く意味がない、というのが本音です。

iPhoneとMacはサイズもできることも全然違うので棲み分けができるのですが、その中間に位置するiPadは日頃から両方持ち歩いて僕にとってはとても中途半端な位置づけです。

サイズを考えるとiPadはMacの代わりに使いたいと思いつつも、Macでしかできなかったりやりづらいことが多ければ重量はあっても必然的にMacを持ち歩きます。

そうなるといくらiPadが軽くても持ち歩くのはiPhoneとMacでいいかな?という考えに至りました。

iPadを使っている自分をイメージできますか?

これまで書いてきた理由で僕はiPadの購入を見送りました。

iPadの購入に迷っている人は買うのは決まっているけど費用が出せるかどうかという理由の人もいれば、僕のように欲しいとは思うけどなかなか自分が使っているイメージが沸かないという人も多いのではないでしょうか?

イメージが沸いていないということは購入してからもきっとイメージ通りの過ごし方をすると思います。

もちろんiPadを実際に使ってみたら思わぬ発見があり生活に必要なものとなる可能性もゼロではないと思いますが多くあるケースではないでしょう。

ですがなんとなく人が持っているのを見て欲しいなあ・・と漠然と思っているのであれば一度自分がiPadを使った生活を送っているイメージが持てるかどうか考えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事がお役に立ちましたら「シェア、ブックマーク」お願いします!

カテゴリ
ガジェット
タグ
プロフィール
コウジ