物件掲載サイトでマンション探しをする人へ!ストレスをためない物件探しのポイント

引っ越しをしようと思って物件探しをストレスが溜まってきませんか?

この物件はいい!って思って問い合わせても「もう申し込みが入ってしまいました」なんてことを経験したことある人もいると思います。

僕も賃貸マンションを借りるために物件探しをしていましたが、結構ストレスが貯まる!

なかなかお気に入りの物件が見つからず毎日スーモやホームズといった物件が掲載されているサイトを見ていました。

今回無事に賃貸マンションを契約することができたので、物件探しでストレスを少しでも貯めないため意識しておきたいことを紹介します。

物件探しは引っ越しをしたい1ヶ月半前からスタートする

物件を探し始める時期は引っ越しをしようと考えている時から1ヶ月前くらいから動きだす人が多いんじゃないでしょうか。

だけど僕は実際に物件探しをしてみて、1ヶ月前から探し始めるのをオススメしたいです。

探している間に自分にとって現実的な物件が見えてくる

物件を探し始める時は住みたい場所から探し始めると思います。

探し始める前からその場所にどんな間取りや広さの物件が充実していて、家賃の相場がいくらなのか把握している人は少ないでしょう。

夢がないようですが期限を設けて物件を探しているとすべて自分の望む条件に一致するというのは厳しいんですよね。

時期によってもどんな物件が掲載されているのか把握するための期間として2週間程度あると良いのでは?という意味で、1ヶ月半前から物件を探すのがおすすめです。

ネットでの物件探しは3日以内に掲載された物件を問い合わせる

スーモやホームズなど物件掲載サイトには大量の物件が掲載されています。

しかし実際に問い合わせする物件は掲載が始まって3日以内の物件がおすすめです。

理由はあなたと同じように多くの人が物件掲載サイトを見ていて日々物件に対して申し込みが入っているからです。

条件が良い物件はすぐに申し込みが入って当たり前

あなたが良いと思った物件はきっと多くの人も良いと感じるはずです。

そうなると物件に対しての申し込みは早いもの順ということを頭に置いておきましょう。

実際に僕は掲載されて2日目の物件に対して最初の問い合わせをしました。

その時に不動産会社の人からはすでに多くの問い合わせがあるという話も聞きました。

僕の場合はもう条件が完全に固まっていたので、入居中の方がまだいる物件でしたがすぐに申し込みをしました。

先に書いたように2週間の間に条件や妥協しても良い点がきっちり決まれば、こうしたように良い物件を見つけたときに即決することができます。

不動産会社の担当者の連絡スピードが早い人にお願いするのが重要

物件探しにおいて不動産会社の担当者がどんな人になるかはとても重要です。

おすすめは連絡のスピードが早いです。

僕の場合は最初に問い合わせた物件に対してすでに申し込みが入ってしまっていたのですが、その時にやりとりした不動産会社の方の連絡スピードが早くて驚きました。

2回目以降の問い合わせに対してのスピードをみる

いくつか不動産会社へ問い合わせしましたが、1回目の問い合わせはどこも大体1時間以内くらいに返してくれます。

しかし最初の返信に対してすぐに連絡しても、連絡が返ってくるスピードが突然落ちることが多かったんですよね。

その中で契約までお世話になった担当者の方はLINEでやりとりしているんじゃないかというくらい常にすぐに連絡をしてくれました。

また担当者が外出している時でも、別の方が代理としてこちらが質問していた点を調べて連絡してくれました。

1日後に連絡が来ることもざらにあったのに、その人はたった数時間後でも「ご連絡が遅れて申し訳ありません」と逆に恐縮してしまうほど、とにかくコミュニケーションの速度が早かったです。

先にも書いたように物件の申し込みは早いもの順です。

やりとりしている間に申し込みが入ってしまったらどうしよう・・という不安は物件探しをしているとつきまといます。

スピード感をもって不動産会社のやりとりをすればそんな不安は減らせるし、何より連絡スピードが早いというのはやりとりしてとても気持ちがいいですよ。

さいごに

現在物件を探していてストレスが溜まっちゃっている人、これから物件を探しをしようと思っている人は、今回紹介したことを意識して物件を探してみてはいかがでしょうか?

よい物件が見つかりますように!

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事がお役に立ちましたら「シェア、ブックマーク」お願いします!

カテゴリ
ライフハック
プロフィール
コウジ