フリクションを手帳で使うには4色を0.38mmがおすすめ!色分けして使い心地もアップ

投稿者:
コージ
この記事は約3分で読めます。
フリクションボール4

ボールペンなのに消すことができるフリクション。
便利なので一番愛用しているボールペンです。

普段は4色使うことができる、フリクションボール4をよく使います。
最初からついているのは、0.5mmの芯で手帳に書き込む際に太いので、0.38mmにカスタマイズしてみました。

フリクションボール4は0.38mmに変更可能

フリクションボール0.5mm替芯

フリクションボール4を買うと、0.5mmの黒・赤・青・緑がセットされています。
ずっと使っていると太さや色を変えたくなりますよね。

0.5mmはもちろんですが、0.38mmの芯も使うことができるです

公式の適応表にもバッチリ明記されています。

フリクション替芯適応表 – Pilot

フリクション0.38mmの替芯は全部で20色

0.38mmは全部で20色が用意されています。
その中で差し替えるときは色を40のグループに分けるのがおすすめです!

黒・赤・青・緑で分ける

芯の色は自由に変えることができますが、上の色の部分は元からついている、黒・赤・青・緑から変えることができません。
差し替えた後に、色がわかりやすいように、同じグループの色にしておくと使い始めてからも、どの色だっけ?と困ることがありませんよ。

おすすめのグループわけはこんな感じです。

黒グループ

  • ブラック
  • ブラウン

赤グループ

  • レッド
  • アプリコットオレンジ
  • オレンジ
  • ピンク
  • ハニーイエロー
  • ベビーピンク
  • コーラルピンク
  • ローズ
  • ワインレッド

青グループ

  • ブルー
  • ブルーブラック
  • ライトブルー
  • パープル
  • スカイブルー
  • バイオレット

緑グループ

  • グリーン
  • ライトグリーン
  • フォレストグリーン

実際に使っている配色

僕はフリクションボール4には上で紹介したグループわけをして、すべて0.38mmの芯に差し替えました。

  • 黒:ブラウン
  • 赤:ワインレッド
  • 青:ブルーブラック
  • 緑:フォレストグリーン

手帳にはブラウンがおすすめ

フリクションボール4中身

この中でもおすすめは、黒のところに差し替えたブラウンです!
黒色ってちょっときついイメージありませんか?

フリクションは消えることから、書類などよりも手帳に使うことの方が多いと思うんですよね。
ブラウンを黒の変わり使うことで、やさしい色になりますよ。

さいごに

0.38mmが4色使えるようになり、さらにフリクションを使うのが快適になりました。

色をちゃんとグループで分けておくことで、実際に使いはじめてからも、色で混乱することもありません。
差し替えの際は、ぜひ色分けを意識してみてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
コージ

フリーランスのエンジニア・ブロガー。
横浜と舞浜が好き。お酒大好きでビールなしでは生きれない人。