フリーランスってストレスないでしょ?実際はどうなの?という話

こんにちは!コウジ(@koojy3)です。

フリーランスで仕事をしていると、友だちからはフリーって会社行かなくていいし、ストレスないでしょ?なんてよく言われます。

じゃあ、実際のところどうなのよって話です。

仕事をする環境でのストレスはない

フリーなので家にいてどんな状況で仕事をしていても、成果さえあげていれば誰に文句を言われることはありません。

前日に飲みすぎた・・
起きたらあれ?もう10時じゃん、、ってこともあります。

だけど遅刻もないので、のんびりテレビ見ながら朝ごはん食べて、好きな音楽でも流して仕事するかーなんてスタイルが通常です。

こんな感じなので仕事環境でのストレスはないですね。

仕事でのストレスはどうなの?

環境面についてはフリーランス最高!と感じる一方で、仕事についてもストレスはどうだろう。

答えはストレスがあります。

だけどフリーランスでの仕事のストレスは自分のコントロール次第で対応できるんですよね。

仕事中のストレスは「自分で選択した仕事で起きた」という割り切りができます。

その仕事が嫌になれば受けるのをやめることもできるし、こういう風に仕事を進めたいと仕事相手に改善を要望することも比較的やりやすいんですよね。

ストレスよりもやはり不安

ストレスが少ないフリーランスが敏感な感情は不安です。

仕事が途切れてしまった時点で収入0円なんて状況がいつでも訪れます。

生活に困る不安はフリーランスになってみないとなかなか実感できないです。

じゃあ、不安に怯えて生活しているのか?と聞かれると答えはNo。

不安って結局いくら仕事があって稼ぎがあっても消えるものではないと思うんです。

そんな不安に怯えるよりも自分でアクティブに動いて何かしてみよう!という意識で普段は生活していますね。

ストレスって自分でコントロールできるか次第

ストレスを感じても耐えられるかって、ストレスの元を自分で制御できるか次第じゃないかってことにフリーランスになって感じました。

  • 自分で選択したかどうか
  • ストレスの元を変えることはできるか
  • 変えられなければ辞められるかどうか

この3点に尽きます。

ストレスがまったくなくなるということは、仕事をしている以上難しいかもしれません。

だけどフリーランスはやはり融通が効きやすいです。

イメージ通りフリーランスはストレスがない、とは言い切れないですがストレスに対して感情面でも行動面でも納得することができるのは間違いありませんよ。