コウジジャーナル
ホーム > フリーランス > 残業がない会社を辞めてもフリーランスになった理由
  • 2016年10月8日

残業がない会社を辞めてもフリーランスになった理由

フリーランスになって半年が経ちました。

会社を辞める理由は、給料が少ない、残業が多い、休みが少ない、やりがいがない、人それぞれです。

辞める理由はさまざまだけど、僕はなぜ会社をやめてフリーランスになろうかと思ったのか。

過ごす時間を自分で選択したくなった

僕がフリーランスになった最大の理由は、過ごす時間は自分で選択したい!と強く思うようになったからです。

会社員時代はあたり前のように、決まった時間に起き、決まった電車に乗り、決まった時間働いて、決まった時間に帰る。

会社へ行くための支度や昼食の時間を含めると、1日の半分は自分で過ごす時間を選択できません。

決まったスケジュールに疑問を抱く

もちろん1日の半分の時間の過ごし方を選択できなくても満足しているなら良いですが、僕は時間の不自由さに疑問を感じるようになりました。

  • なぜ決まった時間を働く必要があるのか
  • なぜ決まった時間に会社へ行く必要があるのか
  • なぜ決まった時間にやりたいことをしてはいけないのか

これは全て会社でお給料をもらうために我慢していることです。

だけど生きることさえできるなら、これらのことを我慢しなくてもいいんじゃないかって、考えるになりました。

生きるためにお金が必要だから、結果会社で働くという選択肢を選んでいただけに過ぎないじゃないかって。

時間に追われない生活

時間を自分で選択できるということは、時間に追われて生活する機会が圧倒的に減る。

スケジュールが決まっていたとしても、会社主体で決められた時間ではなく、自分で選択して決めた時間ですから。

田舎や旅先で都会のせかせかした生活から離れて、時間に追われないことに幸せを感じたことがある人は多いでしょう。

僕はこの時間を自分でコントロールできるというのは、充実した人生を送る上でとても大切だと思っています。

さいごに

フリーランスになって理想の時間軸を意識し始めてから、毎日のタイムスケジュールが一変しました。

もちろん仕事に遊び、食事や睡眠とやっていることが変わったわけではありません。

時間の組み合わせが変わっただけです。
もちろん会社へいく必要がなくなったので、通勤がなくなったり家で仕事をしたりと、働く環境は快適になりました。

ですが、やはり時間に動かされない生活が実現できるようになってからは、さらに人生をよくしようという気持ちが強くなりました。

スポンサーリンク
名前:コウジ

フリーランスのエンジニア、ブロガーのコウジが日常生活で気づいたこと、購入したモノのレビュー、仕事・働き方のこと、生活を楽しくするTips、僕が好きなディズニー・ガジェット・WEBについて書いています。