ホーム > 仕事 > フリーランス > フリーランスになったら最低限やる5つの手続き

フリーランスになったら最低限やる5つの手続き

コージ
詳しいプロフィールはこちら

僕は先月から、フリーランスになって、5つの手続きをしました。

手続き関係って、節目の時しかしないから、勝手がわかってなくてめんどくさいですよね。
フリーランスのエンジニアが1人で事業をする場合、必要な手続きを紹介します!

  • 国民年金加入
  • 国民健康保険加入
  • 青色申告申請申込書提出
  • 開業届け提出
  • クラウド会計サービス契約

税務署

  • 青色申告申請申込書提出
  • 開業届け提出

青色申告申請申込書と開業届けはそれぞれ、国税庁のページがダウンロード可能。
ダウンロードし、記入後に税務署へ持っていくと、手続きできますよ。

念のため記入用紙のコピーも、持参することをおすすめします。
提出後控えが必要になった際、合わせて手続きすることで、使用することができます。

この2つの書類は、他に必要な書類はないので、記入してさっさと税務署に提出しましょう!

青色申告申請申込書提出のダウンロードページ
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

開業届けのダウンローページ
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

区役所

  • 国民年金加入
  • 国民健康保険加入

国民年金と国民健康保険の加入は、健康保険資格喪失証明書を持参の上、区役所に行きましょう。
健康保険資格喪失証明書があれば、後は案内される通りに、手続きを進めれば完了です!

ここでベンチャー企業からフリーランス・個人事業主になる人は注意。
健康保険資格喪失証明書は退職後、退職した会社に手続きしてもらわないと発行されません。

詳しくは記事にしているので、読んでみてください。

[rt id=45]

インターネット

  • クラウド会計サービス契約

フリーランスになると、取引先とお金のやりとりをするようになりますよね。
生活する上で大事な大事な資金源。

見積書を発行して、契約の最後に請求書を発行して、取引先に送付することになります。
僕自身がそうですが、フリーランスになって初めて見積書や請求書を発行するケースは、多いかと思うんですよね。

今は本当に便利でクラウド会計ソフトを使えば、簡単に見積書も請求書も発行することができます。

僕はフリーランスが、確定申告するときに便利だと耳にして、「freee」を使っています。

他にも「Misoca(みそか)」や「やよいの青色申告オンライン」などのサービスがありますね。

どのサービスも無料お試し版だったり、サービス自体無料で使うことができるものがあるので、自分が好きなものを選べば良いですね。

フリーランスになって、使い始めたサービスも書いています。

[rt id=55]

まとめ

フリーランス・個人事業主になる際、最低限ほとんどの人が必要なことを、紹介しました。

フリーランスのエンジニアとして、1人でやる場合は紹介したことだけで、事業をすることができています。
まず会社を退職したら、さっさと手続きを済ませて、事業に集中しましょう!

スポンサーリンク
記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぜひフォローよろしくお願いします!
このブログを書いている人
コージ

フリーランスでエンジニアとかブロガーやっています。