フリーランスはいいことばかりじゃない!会社員では感じない3つの不安

投稿者:
コージ
この記事は約3分で読めます。

先日経済産業省から「雇用契約によらない新しい働き方」に関する研究会を設置すると発表されましたね。

柔軟な働き方に関する研究会を設置します(METI/経済産業省)

フリーランスとして仕事をしている僕としては、とても大賛成!

少し前になぜ僕がフリーランスになったのかを書いています。

会社員時代に思い描いていたような、時間を過ごすことができてとても満足していますが、フリーランスになったがゆえに抱える心配ごとは当然あります。

①経済的な不安

フリーランスなら誰しもが気にする、経済的な不安。

会社勤めとは違って、月に得られる収入の上限はないので稼ごうと思えば月収100万円稼ぐことだってできます。

その半面働かなければ収入は0円です。

稼げる目処がないと苦しい

正直フリーランスになって一定額を稼げる目処がないと、本当に苦労します。

関東で生活しようと思うと、家賃・税金・生活費で最低20万円稼げなければ、かなり厳しくなります。

フリーランスになって、税金ってこんなに高いの!?ってびっくりしました。

毎月給与明細ってそんなに詳しく見てなかったし、大体の税金の額を把握していても、月額の給与から払うのとでは精神的に大きく違います。

必死に仕事探して苦労して稼いでも、月によっては毎月10万円とか税金で持っていかれますからね。

②経理処理

会社なら何も気にすることのない経理処理。

僕はまだこれから初めてを体験するので、不安でいっぱいです(笑)

確定申告についての知識がないと、何をどうすればよいのかさっぱりです。

業務に必要で使ったお金も何が経費になるんだっけ?も、フリーランスになって最初に勉強しました。

未知な領域なので、年明けぐらいから動こうかと思ってます(笑)

③自分の名前で仕事をすることの怖さ

独立しないと味わうことができないのが、これです。

自分の名前で仕事をする怖さ

会社で働いていても、名乗るのは自分の名前ですが、あくまでも会社というグループの中の自分です。

何かあったとしても、会社が守ってくれる面がありつつ、直接クライアントを相手にしない人は、そもそも責任意識というものは薄いかもしれませんね。

自分の名前で仕事をするのはメリットでもある

会社というグループに入っていないということは、逆に言えば仕事であげた信頼や功績はすべてが自分のものになります。

怖さがある一方で、僕は最高に面白い!と感じています。

ひとつ上手くいくと仕事をすることの喜びが、とても感じられやすいんですよね。

そんな相乗効果でもっと「あんなことやろう!」「こんなことやろう!」と働くことに対するモチベーションがあがるんです!

さいごに

フリーランスという働き方はとても向き、不向きがあると思います。

そもそも会社をやめて、自分が働くことによってお金が生まれることがないと、生活できないですからね。

日本ではまだまだ、みんながいいなと思っていながらも、万人受けするような働き方とは言えません。

乗り越えなければいけない課題もありますが、フリーランスは間違いなく面白いです!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
コージ

フリーランスのエンジニア・ブロガー。
横浜と舞浜が好き。お酒大好きでビールなしでは生きれない人。