freeeで領収書を発行できなくて困った!Misocaなら簡単に発行できるよ

投稿者:
コージ
この記事は約3分で読めます。
freeeとMisocaを使うのがおすすめ

フリーランス・個人事業主のみなさん、領収書の発行ってどうしてますか?

見積書、請求書、領収書、仕事をする上で発行しなければいけない書類がありますよね。
これまで僕は見積書と請求書の発行にはfreeeを使っています。

Misocaで見積もり・請求書を作成する理由

ある日クライアントから「領収書お願いします」と言われました。

freeeって領収書どこから発行できるんだっけ?

と探してみたところ見当たらず、調べてみるとないらしい・・。

そこで最近はfreeeと合わせてMisocaを使うようになりました。

freeeでは領収書が発行できない

領収書を求められることはあまりなかったので、気づいていなかったのですが、freeeだと領収書って発行できないんですね。

クライアントによって、領収書は必要・必要でないはありますが、もしも「領収書ください」と言われたときのために、Misocaで作成しておくにこしたことはありません。

freeeとMisocaで管理

Misocaだと領収書はもちろん、見積書も請求書も発行することができます。

そこで考えることは。

freeeは使うのやめてMisocaだけでよくない?

すごい当たり前の考えが浮かんでくるけど、そんなことはないんですよね。

なぜならMisocaとfreeeではできることが違います。

Misocaはあくまでも見積書・請求書・領収書の発行ができるサービスです。
それに対してfreeeは確定申告へ向けた、経理処理ができ見積書・請求書・領収書の発行はあくまでもサービスの一部だからです。

freeeもMisocaも無料

freeeもMisocaも無料で使うことができます。
そのためとりあえず両方を登録してみて、自分にあったサービスを使うのがオススメです。

経理処理をすることを考えるとやはりfreeeの登録は必須だと思いますけど笑
そして領収書発行のためにMisocaを使っておいて損はないので、面倒でなければやはり両方使っておくほうが、安心です。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
コージ

フリーランスのエンジニア・ブロガー。
横浜と舞浜が好き。お酒大好きでビールなしでは生きれない人。