コウジジャーナル
ホーム > WEBサービス > Evernoteを有料のプラスプランにして変わった3つのこと
  • 2017年1月24日

Evernoteを有料のプラスプランにして変わった3つのこと

これまでEvernoteを無料枠で使っていましたが、使用頻度があがってきてアップロード上限に達するようになってしまったので、有料のプラスプランにしてみました。

プラスプランにすると年間3100円で月間のアップロード容量が1GBになり、iPhoneやiPad、Macなど何台でも同期することができます。

無料プランでは月間60MBまでで、同期できるデバイスも2台まで。。
今の使用頻度を考えるとよく無料で使ってたな、と思います(笑)

WEBクリップの多用

プラスプランに変えて一番の変化はWEBクリップを多用し始めたことです。
あとで読みたいと思うものから、保存しておきたいと思うもの、なんでもEvernoteに送るようになりました。

以前はInstapaperやPocketなど後で読む系のサービスを使っていたのですが、保存だけして読まないということもありました。

だけどEvernoteは毎日使っていてクリップしたノートも目に触れるようになって、格段に読み見残しがなくなりましたね。

ブログの写真をアップロード

ブログを書いていると写真をどうやってアップロードするかという問題に直面します。

iPhoneのカメラロールの中にあるものやMacでスクショしたものまで、画像の場所がばらばらなんてことがあります。
これまではDropboxにアップしてMacでファイル開いて編集をしたりしていましたが、Evernoteのプラスプランにしてからは、1つのノートに1記事分の写真をまとめるようにしました。

Dropboxにアップロードしていたときと違い、写真が1つのノートにまとめてられるというのは、快適です!
専用のノートブックを作っておいてそこに、ノートをアップすればアップするだけして、後から整理する手間もありません。

紙の書類や説明書をアップロード

捨てると困るかもしれないけど、補完場所に困る書類や説明書ってありません?

これまでは必要ないかも・・と思いつつなかなか捨てることもできなかったのですが、Evernoteにアップして紙のものは捨てるようになりました。

こういういらないかもしれないけど、捨てられないものって補完場所にも困りますが、Evernoteを見ればいつでも見ることができるので、バッサリ捨ててしまってとてもスッキリです!

さいごに

Evernoteの有料プランにはプラスプランのほかにも、プレミアムプランもあるけれど、よほどEvernoteを使い込まない限りはプラスプランで十分です。

アップロード容量の心配がなくなってからEvernote中心の情報管理をするようになって、一元管理できるという点でもプラスプランにして正解でした。

スポンサーリンク
名前:コウジ

フリーランスのエンジニア、ブロガーのコウジが日常生活で気づいたこと、購入したモノのレビュー、仕事・働き方のこと、生活を楽しくするTips、僕が好きなディズニー・ガジェット・WEBについて書いています。