日記帳にMDノートがおすすめ!数あるノートからMDノートを選んだ理由

ほぼ日やEditのような1日1ページの手帳では書くことがない日がある。
でもイベントごとなど日によってはしっかり日記を書きたいという時ってありませんか?

過去にほぼ日とEDiTを使ったことがありますが、1日1ページの容量があるだけに空白の日が続いてしまうと手帳に対してのモチベーションが下がってしまい、僕には合いませんでした。

今はジブン手帳を使ってとても快適な手帳ライフを過ごせていますが、楽しかった出来事は日記としてちゃんと残したい!と思い、MDノートを日記帳として使い始めました。

MDノートを日記帳に選んだ理由

MDノートは文庫サイズを別の用途として使っていたこともあり、使い心地の良さが気に入っていました。

シンプルかつクリーム色の紙が書いていて落ち着きます。
また紙質もとても良く裏抜けするなんてこともありません。

日記として使うなら表紙がモレスキンのようなもう少ししっかりしたタイプのものがあれば、使ってみたいなという思いはありましたが、もし良いものがあればというくらいの気持ちだったので、お気に入りのMDノートを日記帳にすることにしました。

MDノート以外に日記帳の候補していたノート

どんなノートを日記帳にしようかな?と考えたときに、ページに色々貼ることができるようにA5サイズ程度がいいと思い、候補を選びました。

そこでMDノート以外に考えていたノートが3つあります。

365デイズノート

365デイズノートは1日1ページ記入できるノートですが、日付が印字されていません。
そのため書きたい日は書く、書かない日は書かないというスタイルでも空白のページができるということはありません。

書く量が多ければ1日に2ページでも3ページでも使うことができるので、365デイズノートは日記帳としては第一候補でした。

候補から外してしまった理由としては1枚1枚の紙がペラペラという点。
毎日メモ帳のように使うスタイルにはぴったりという印象ですが、僕は日記として使うならもう少し紙がしっかりしている方が良いという思いがありました。

モレスキン

高級ノートとして有名なモレスキン。
表紙がしっかりしていて日記としては是非使いたい!というモチベーションなのですが、ひとつ気になることがありました。

それは裏抜けです。

モレスキンは過去に使ったことがありますが、マーカーやペンによっては結構前のページで書いたものが裏に抜けちゃうんですよね…。
また値段もかなりお高めです。
気に入れば値段は高くてもよいのですが、紙質のことを考えたときに前向きに買いたいという気持ちになりませんでした。

紳士ノート

タイプ的には365デイズノートやモレスキンに比べて一番MDノートに近いの紳士ノートです。
書き心地がよいという点においても日記を書く上で重要なのでMDノートとどちらにするか悩みました。

紳士ノートではなくMDノートを選んだ理由は、表紙とノートを開いた時の感触です。
シンプルが好きな僕にとっては表紙は何も書いていないほうが良かったので、MDノートに軍配が上がりました。
ノートを開いた時の感触も、180度開いたときにもMDノートのほうがぺたっと広がることを理由に紳士ノートを候補から外しました。

MDノートなら専用のカバーもあるから長く使える

日記帳のような長く使うノートは気がついたら表紙が汚れてしまった、なんてことがありますよね。
愛着が湧いているものであれば汚れてしまうのはショック…。

MDノートなら専用のカバーが安い値段で手に入るため、汚れにくい点においても良いんですよね。
シンプルな表紙に透明のカバーなので、そのまま使ってもよし、自分の好きなように表紙をアレンジできるのも楽しいですよ。

お気に入りの日記帳が見つからない人には一度MDノートを試してみてほしいです!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
コウジ

フリーランスでエンジニアとかブロガーしてます。横浜と舞浜で過ごしたい人。ビール/ディズニー/スプラトゥーン/Mac/スタバ/将棋。

記事を最後まで読んで頂きありがとうございます。
ぜひフォローよろしくお願いします!

日記帳にMDノートがおすすめ!数あるノートからMDノートを選んだ理由をシェアしよう!