一眼レフカメラの写真ってどうやってインスタに投稿するの?JPEGとRAWどちらがいいんだろう

投稿者:
コージ
この記事は約4分で読めます。
一眼レフカメラとinstagramアイコン

みなさんは一眼レフカメラで撮影した写真は、どうやってインスタグラムに投稿していますか?

スマホで撮影した写真をインスタグラムに投稿するなら、アプリを立ち上げてカメラロールにある写真を選ぶだけで投稿することができますよね。
その一方一眼レフカメラで撮った写真は一度パソコンやスマホに移す必要があるじゃないですか。
またJPEGで撮影することもあれば、RAWで撮影することもありますよね。

普段僕がどうやって一眼レフカメラで撮影した写真をスマホまで写真を持ってきて、インスタグラムに投稿しているのかお伝えしようと思います。

一眼レフカメラで撮影の写真は全てパソコンに取り込む

一眼レフカメラで撮影した写真は一度パソコンに全て取り込むようにしています。
最近ではWifiを使って一眼レフカメラから直接スマホに取り込むことができますが、すぐにインスタグラムに投稿したい!という時のみ利用しています。

パソコンから直接インスタグラムに投稿することはできません。
取り込んだ全ての写真をさらにスマホへ同期することで、撮影した写真を全てインスタグラムに投稿できる状態になります。

一眼レフではJPEGとRAWどちらで撮影するの?

スマホでの撮影と違い一眼レフカメラだとJPGでもRAWでも撮影することができますよね。
LightroomやPhotoshopで現像することを想定していればRAWで撮影している人も多いのではないでしょうか。

インスタグラムに投稿することを考えているならJPEGで撮影するのがおすすめです。

もちろんRAWでも撮影する必要があれば、JPEGとRAWの両方を撮影できる設定にしておくのがよいですね。

JPEG撮影がおすすめの理由

インスタグラムに投稿する時にJPG写真があると良い理由があります。

RAWで撮影したデータってJPGに比べて容量を食うじゃないですか。
パソコンで管理するには良いですが、RAWデータをスマホに同期するとスマホの容量が圧迫されてしまうんですよね。

またスマホへ同期するデータ量が大きくなると、同期するのにもすごい時間がかかってしまいます。

RAWとJPEG両方撮影してる場合はどうやって同期するの?

JPEGだけで撮影していれば問題ないのですが、JPGとRAWを両方撮影できる設定の場合一つのフォルダにRAWとJPGが混在してしまいますよね。

フォルダごとスマホへ同期してしまうと、JPGとRAWの両方が混在してしまいます。
そのためスマホへ同期する時にはJPGの写真だけを選択して、別にフォルダを作ってコピーしてしまうのが簡単で良いですよ。

クオリティを重視する時は現像してからスマホに取り込む

Lightroomの写真

RAWに比べてデータ量も少なく気軽に扱うことができるJPEGですが、加工をしすぎるとザラザラになったり、クオリティが落ちてきます。

ポートフォリオのような作品をインスタグラムに投稿する場合、スマホでJPGを現像するのは厳しいこともありますよね。
そういう時はやはりパソコンでRAWデータを現像して、最適な状態にしてからスマホに取り込み、投稿する必要があります。

まとめ

「一眼レフカメラで撮影した写真ってどうやってンスタグラムへの投稿ってどうしよう」って迷っている時期がありました。

JPEG写真はそのまま全てスマホに同期、クオリティ重視の写真はRAWを現像してから同期というルールを決めてからは投稿への悩みもなくなりました。

一眼レフカメラの写真をインスタグラムに投稿したいと思っているなら今回紹介したルールを試してみてはいかがでしょうか。

それでは!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
コージ

フリーランスのエンジニア・ブロガー。
横浜と舞浜が好き。お酒大好きでビールなしでは生きれない人。