MacでもEvernoteに1日1ノート!Alfredを使えばできちゃいます

投稿者:
コージ
この記事は約3分で読めます。

Evernoteで1日1ノートはiPhoneを使えばアプリがたくさんあるので簡単にできるけど、Macだといちいち同じノートを開いて追記していく必要があるからめんどくさいですよね。

Mac用のアプリも探してみたけれど、見つからずもっと楽に投稿できる方法ないのかよ・・と、調べてみるとAlfredを使えばできるっぽい!

AlfredのPower Packが必要

Evernoteに1日1ノートを作るために、AlfredのWorkFlowを使います。
WorkFlowは有料のPower Packを購入していないと使うことができないので、事前に購入が必要です。

WorkFlowを登録

1. Alfredの設定画面を立ち上げます。


赤枠のWorkflowsをクリックして、Workflowの設定を開きます。

2. Workflowを登録

Workflowの画面を開いたら、画面下部の「+」をクリックします。
「Templates」→「Essensials」→「Keyword to AppleScript」の順に選択すると、このようなポップアップがでるので、任意の名前を入力して「Create」で保存。


3. ホットキー登録

作成したWorkflowを選択して、「Keyword」をダブルクリックします。


するとポップアップが表示されるので、AlfredのKeywordを設定します。
僕はべたに「en」で設定しました。


4. Applescriptを登録

今度は「Run NSAppleScript」をダブルクリックします。
ポップアップが表示されるので、AppleScriptを貼り付けます。


こちらのスクリプトを使わせていただきました。

alfredからevernoteへポストする ノートブックはIdeas ノート名は日付 同一日付なら追記される

スクリプト内の2行目に、保存したいノートブック名を記述すると、投稿した時そのノートブック内にノートが作成されます。

5. Alfredから投稿

Alfredを起動したら「en 投稿するテキスト」でEnterで投稿


するとEvernoteにノートが作成されます。

title

便利すぎて感動!

Macだと本当に不便で仕方なかったのですが、もう快適すぎて感動!!

僕はAppleScriptが書けないですが、スクリプトを公開してくださった方に感謝感謝です。

さらにライフログ作成が進むなあ(笑)

スポンサーリンク
「MacでもEvernoteに1日1ノート!Alfredを使えばできちゃいます」はあなたのお役に立ちましたか?
この記事を書いた人
コージ

兵庫県出身で神奈川県在住。ディズニーと文房具が大好き!2016年4月からフリーランスでお仕事しています。